オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

ランクB.カラフトマス釣りを楽しむ!!/今日の紋別港釣り情報



スポンサードリンク




 

 

 

      おはようございます、モンユウです。

 

 

今日の紋別港釣り情報

 

今日の紋別は大荒れです。

昨日からの雨と強風それに低温(今日の最高気温は12℃らしいです)です、一応紋別港に偵察には行きましたが当然のこと釣人はいません。

 

海は大時化・・・

 

 

 

 (写真ではそれほど時化ていないように思われますがこれは港内なので荒れていませんが外海は時化ています。)

f:id:turikichijob:20190617080644p:plain

f:id:turikichijob:20190617080443p:plain


 

******************************************************************************

 

 

カラフトマス釣りを如何に楽しむか!!

次の写真は2016年7月31日のものなんですが、カラフトマスが釣れ始め紋別藻鼈川河口に釣り人が集まってきました。

 

 

f:id:turikichijob:20190616121625p:plain

 

 

 

同日、藻鼈川河口の左岸寄りの砂浜でもカラフトマスが釣れています。

f:id:turikichijob:20190616121803p:plain

 

 

しかし私はこの場所では釣りをしません。

(よほど釣り人の少ない時は別ではありますが!!)

それで考えたのが・・・と言うよりこの時のヒラメキだったと思います。

まだカラフトマスの釣れ始めで紋別外海防波堤を見回しても釣り人はいません。

しかし・・・これがチャンスと考えて即釣り場に向かう・・・。

 

道具を持って行きましたが、防波堤を暫く眺めまわして様子見!!

最初全く様子が分からず、そのうち目が慣れてきてよくよく海中を覗き込んで見ると深場に(ボトム付近)に微かにカラフトマスの群を発見!!

 

こうなるとしめたものです。

思い通りの釣り開始です。…私にとっては最高のシチュエーションを得たので最高のパフォーマンスを導き出せるとワクワクです。

 

このような状況下の下では決して無理な釣り方はしません。これはカラフトマスを釣らないという事では無く、群れをなしているカラフトマスにストレスや警戒心を与えずに釣るという事なんです。それが数釣りをするのに最も大切な事なんです。

 

群の中でヒットさせる事については問題ありませんが、その後が大事です。

決して無理やりにヒットしたカラフトマスをタモ入れしようとしてはいけません、ゆっくり泳がしてその大きな群れからヒットしたカラフトマスを遠ざけるように誘導します。絶対暴れさせては駄目なんです。・・・

この時もそうだったのですが自分一人でタモ入れする訳ですから『静かに静かに・・!!』

 

 

カラフトマスは驚かさなければ以外にもその場所あるいはすぐ近くをゆっくりと回っている事が多いのです。それに静かにしていると又元の場所に戻ってくる事があるのです。

 

 

f:id:turikichijob:20190616121537p:plain

 

 

そうこうしているうちのこの様な釣果になります・・・。

 

しかし

 

これを見て、釣り人が集まってきます。

・・・

 

でもこの日に限っては普通に海中を見ていてもカラフトマスの群を見つけることはできなかったでしょうね!

この日は私も満足していたので『群れはそこにいるよ!!』と教えてあげ・・・

私は終了です。

f:id:turikichijob:20190616121843p:plain

 

 

 

          以上でした。