オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

ランク.Bこんな時どうする!NO.64『こんな場所での鮭釣・・・注意事項』/今日の紋別(流氷)



スポンサードリンク




 

こんにちは、モンユウです。

 

 

 

今日の紋別港(流氷関係)

本日流氷は全く見えません・・・そろそろ終わりかな~!!

 

f:id:turikichijob:20190227122804j:plain

f:id:turikichijob:20190227122808j:plain

 

 


今日朝仕事で滝の上まで行って来たのですが、昨日の夜にうっすら降った雪が路上で凍ってアイスバーンになっていたので・・・滝の上に着くまでに2台の車が路肩に落ちていました、それと帰りにまた同じような場所に車が落ちていましたが救急車では無く消防自動車とパトカー2台が来ていました。車は相当破損していたので・・・!!

 

 

 

f:id:turikichijob:20190227122824j:plain

 

 

ランクB.こんな時どうする!NO.64『こんな場所での鮭釣・・・注意事項』

前回までは釣場自体、その場での釣り方などを説明しましたが本日はこの様な釣場での注意事項について説明します。

 

ここはテトラポットと大きめのゴロタ石が散在している釣場で、非常に足場が悪く釣りづらいです。同じ場所で移動する事も無くただ釣っているのであればそれほど気にする事も無いのですが、そうもいきませんね!

ウキを投入する時、またヒットしてのやりとりする際、ましてタモ入れする時等はやはり海岸先の前面まで出て少しでもタモ入れしやすい場所まで移動する事になります。そこで、注意はしているもののゴロタ石の上を軽くですが飛び回る事になります。

その際…個人差はあると思いますが私は数回転んだ事があります。・・・

注意はしているのですが!!…ただ転んだだけで済みましたが、打ちどころが悪ければ…と思うと反省しきりですね!

こんな事もありますから・・・・このような釣場では前もってやりとり(タモ入れを含む)場所と言うところを設定したうえで釣をする事をお勧めします。

 

このゴロタの海岸線でも多少の引き込み(ワンドっぽいところ)を選んで取り組む様にした方が良いと思います。

 

タモ入れについて・・・

 

私の釣仲の一人がユニークなゲット法を実践しているので説明します。

 

すぐ下の図で説明します。今ヒットした鮭が海岸線のすぐ近くまで引き寄せました、さてここで釣り仲の対処法は(タモは一切使いません)鮭と竿を1直線の状態にします。(下の赤丸で囲った様にします。)そして引きあげ方はそのまま有無を言わせず真っ直ぐ鮭を海から引き抜くと言う方法です。

この方法は彼なりの考えがあり、この様な釣場でどうしても鮭とのやり取りでは竿に負担がかかりすぎるためと言う事です。真っ直ぐ引き抜く事により竿には全く負担が掛からないように少し自分が後ずさりしていく方法です。確かに陸にあげるまでの時間は短縮されています、且つ自分が波打ち際まで行く必要もないし、第一にタモ入れする必要が無いので両手を確実に集中と言うメリットがあります。

ただラインは少し太めのものを使用しているようです。

f:id:turikichijob:20190224142320p:plain

 

 

f:id:turikichijob:20190224135140p:plain

 

釣るまでの対処方法は上の通りですが、釣あげた鮭を何処に置いておくかと言う事も大切なこととなります。1本2本で有ればそれほど問題は無いかもしれませんがそれが多数となるとただ重ねておいただけでは足場が悪いので滑り落ちてしまいます。(この時は大きな鮭を2本ほど海中に滑り落してしまいました。)

 

 

f:id:turikichijob:20190224135246p:plain

 

 

                以上でした。