オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

ランクB.こんな時どうする!NO.15『ロッドについて!』/今日の紋別



スポンサードリンク




 

 

    こんにちは、モンユウです。

 

 

 

今日の紋別

 

今日は天気・・・・晴れ・・・気温も少しは上がっているようです、と言ってもマイナスですが!!

 

今日は朝早く(8時)から紋別港に偵察に行ってきました。第2埠頭に釣人が5人位・・・今日は天気も良いので釣人はこれから出てくると思います。

 

さて釣果は・・・・

f:id:turikichijob:20190109115224j:plain

 上手く写真は撮れませんでしたが、ちょうどチカを釣りあげているところの写真です。(一度に5匹釣れていました。)

 

ちょっと寒さを我慢しての釣果は格別かもしれませんね!!

 

f:id:turikichijob:20190109115356p:plain

 

 

 

 

 

******************************************************************************

 

 

 

 

こんな時どうする!NO.15『ロッドはハードかソフトかミディアムか!』 ランクC

 

 

今日はロッドについて・・・一概にロッドを語る事はできません。

 

ロッドにはティップ・ベリー・バット部分に分かれています。

  • ティップ~ロッドの先端部分の事でティップのしなやかさによってウキやルアーの操作や感度に影響が出て来るとともに自分に合ったタイミングでやりとりができるので釣果にも影響が出てきます。
  • ベリー~ロッドの中間部分の事でキャスト(投げる)時や魚を引き寄せる時のパワーをうみだす部分です。この部分が最終的に魚を引き寄せタモ入れする時に一番重要な部分となります。ソフト(柔らかく曲がり過ぎる)ですと引き寄せるのに苦労して最終的にバラスと言う事が良くあります。反対にハード(硬すぎる)であると面白さに欠け無理をし過ぎてばらすケースも良くある。
  • バット~ロッドの根元に近い部分でこの部分が細くても腰がある(強い)バット部で有れば大物を狙う事が出来ます。

 

 

 

さてここで私が重要視しているのが、ティップとベリー部分です。

 

ロッドには根元部分にルアーウエイトが 下の写真では   14g-70gのように表示されていると思いますがこれだけでは『どうなんだ?』と言う事になりませんか!この様に幅があっては何に適しているのかを判断できますか?

 

f:id:turikichijob:20190107101949j:plain

f:id:turikichijob:20190107101955j:plain

 

 

この竿を購入する際にこの竿(エクスセンス)の  S1100H/Rの意味するものを理解していません。

調べてみましたが、よく分かりません!!(ニューロッドではもっと細分化されて分かりづらい!!)

 

それなりの意味を持っているのだろうと思います。

 

 

さて私なりの見解を!!

 

私は比較的かたい(ハード)ものを使用していますが、これはある理由からです。

 

そうすると、

・・・1100H/RのHは・・・ハードのHかな?

それは、私が鮭釣をする時どちらかと言いますと一人で釣る事が多いと言う事とタモ入れ寸前でのもたもた感を嫌うと言う事で最後のタモ入れをすんなりと済ませると言う目的で硬めの竿を使用しています。数年前の事ですが超でかサイズの鮭が掛かってそれとのやり取りで簡単には岸寄りさせる事が出来なく、周りの釣人(両サイドの5人)に絡んでしまう等の迷惑をかけた事がありました。

 

 

それに後一つ・・・

皆さんはあまり使用しないと思いますが、私のウキフカセ用のウキは10号~12号です。

遠投で釣ると言う事が好きな私はどうしても湖の重さのウキになります、そうなるとどうしてもこの重さに耐えうる竿で無くていけません。少なくてもルアーウエイト~70gでなくては持ちません。

 

それぞれ個人差があるので、最後までのやりとりを楽しむのもよし、早くタモ入れして次のターゲットを攻めるのもよし…それに合わせたロッドが必要ですね!

 

 

 

しかし・・・・

 

現状ではいくら色々な特徴を持った竿があっても釣道具店にはそれだけの種類の竿の在庫は置いていないでしょう、ですから確かめて購入するなんてことはできません。

購入する際に試し振りがしたいですね!! 

 

              以上でした。