オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭・カラフトマス釣場の考察/  大型ニシン!!今日の紋別港釣り情報



スポンサードリンク




 

 

 

おはようございます、モンユウです。

 

昨日も少しは気温上がりましたが、流石オホーツク・・20℃に達しなくても今日は暖かいね~なんて会話も出てきます。

 

仕方ないですね、体がもうそれにどっぷりつかっている訳ですから、かりに気温が25度以上になるともう動きたくありません、体の限界を超えています。

 

 

適温   18℃~22℃・・・年中こんな気温の中で生活したいものですね!

 

 

さて 

 

今日の紋別港釣り情報

今日は朝4時には目が覚めてしまったので、布団の中にいてもかえって疲れるのでニシン釣りに急行!!

 

しかし皆さん凄いですね・・・既に6人の釣人がいます、ほとんどが地元の釣仲なので仲間に入れてもらって・・・開始です。

 

なかなか釣れ出しません・・・。

 

5時半位になって思いもよらぬ状況に・・・!!

 

今日のこの時間からの変化到来なんでしょう!!

ニシンの大きさが変わりました、私の釣座はそれほど釣れなかったのですが、場所によっては大型ニシンが数匹ずつ釣れています。

 

 

最初に釣れていたニシン

f:id:turikichijob:20180619130755j:plain

 

 

 

急に釣れ出した大型のニシン(上の写真とこの写真のトレイは同じものです。)

f:id:turikichijob:20180619130812j:plain

 

 

下2本は普段釣っている大きさのニシンですがその中でも大きな方です、上2本のニシンが大型のものです。

 

f:id:turikichijob:20180619130827j:plain

 

このニシンを待っていたんですよね!!

流石に遠投でこの型のニシンを釣ると面白いですね!数は少ないですが満足して帰ってきました。

 

 

 

 

******************************************************************************

 

 

 

今日は、防波堤周り・テトラポット周りなどの釣場での狙い場所についての考察です。

 

考察と言っても偉そうなことを書く訳ではありません。

あくまでも自論ですので、間違えや思い違いなどあるかもしれませんがそこは御容赦ください。

 

 

これは防波堤での鮭釣りの様子です。

竿とウキが一体化していますが、問題とするのはウキの位置なんです。ウキをどう流すのか、どの位置なのか・・これは鮭を釣りあげるのには最大の問題点なんです。

 

こにウキ下の餌部分はどの位置に置いてあると思いますか?

手前に黒くなった部分は土台のコンクリート部分に昆布などの海藻類が付着しているところです。

 

この境が鮭の通り道となる事が多いのです。(ただしカラフトマスは、昆布の間を隠れるように泳ぐ事があるので要注意ですよ!!)

 

今この落ち込みのあたりでは回遊する鮭は見る事はできません、と言っても鮭が回遊していないとは言い切れないのです。

それは水深が深いところを遊泳している場合があるのでそれと確認ができたら、タナを深くする必要があります。

f:id:turikichijob:20180618150201p:plain

 

 

次はショアで波よけのテトラポットやごろた石が積んであるような釣場です。

この様な釣場では、見かけより水際からすぐが深くなっている事が多いです。

これは何を意味するのかと言いますと、意外に回遊する鮭などはきわギリギリを回遊している事もあります。すべてがそうであると言う事では無くて見逃しやすいので示しておきましたが本来釣る場所としましては際から10~30m位のところが多いです、これはやはり水深が関係しているものと思います。

f:id:turikichijob:20180618150912p:plain

 

 

さて次はこの様なテトラポット周りでの鮭釣りですが、鮭が右から回遊してくると鮭は左のテトラで詰まってしまう訳ですから一旦そこで進路を変えなくてはいけませんそこでこのぶつかり部分が釣りポイントの一つとなる事もあります。

f:id:turikichijob:20180618151040p:plain

 

 

         以上でした。