オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

今年の船、カレイは早いかも、チカも・いよいよ!/今日の紋別港偵察



スポンサードリンク




           おはようございます、モンユウです。

 

今日の予想最高気温・・・・7℃。

特にオホーツク海沿岸が低いようでどこも10℃に満たない気温のようです。

兎に角寒い!!!

 

 

今日の紋別港偵察

 

朝8時過ぎ・・紋別港偵察に行ってきました。

今日は第2埠頭にセメント船が停泊していて釣場が狭くなっていますが釣人も少なく3人です。

しかし、それがチカが小さいけれども釣れているんです!!

時々大きなチカも混じりますが全体的には小さい。

今年の初物として釣るのは今一面白くないかも知れませんが、テンプラなどにして食するには良いかも!!

 

この巡視船『そらち』とセメント船との間が良い釣場ですよ!

f:id:turikichijob:20180507082517j:plain

 

これは釣に来て間もないのでこの釣果ですが、チカはいるようです。

f:id:turikichijob:20180507082531j:plain

 

 

さて耳寄りな情報が入りました。

紋別の港内でニシンが多少ではありますが釣れてきたようです。

まだ方は小さいと言う事ではありましたが、小さいかどうかは二の次ですね!

 

更に、釣り仲の遊漁船の情報によりますと、沖合には沖アミがびっしりいるのでその海域では釣にならないようですが、それよりも水深の浅い10~20mの範囲では真ガレイ類が釣れてきているようです。

 

今日も気温が低いので水温に影響しているかもしれませんが、これが少しでも晴れて水温が上がると一機に真ガレイが釣れてくると思います。

 

用意はいいかな~!!・・・・・・

 

 

確かに今年は情報通り船でのカレイ類は早いかもしれませんね!

気になるのが沖合の沖アミの量ですよ!

 

あまりにも多すぎるとそれを餌にしてしまうので釣りには不都合!

結局食物連鎖的に考えても釣れるべきものが釣れないと言う事になってしまいます。

 

 

今年の日本海ではサクラマス、それも板マスの様な4~5kgもあるようなサクラマスが大量に釣れている状態・・・それにはおおなご等を餌にしているからだと言う事なんですが、このおおなごはやはり沖アミを食べているからなんでしょう、

この状態が続くとブリもヒラメも好釣でしょうね。

・・・・

 

それでオホーツク海なんですが、沖アミが食物連鎖の底辺にありそれに積み重なっていく魚類に良い影響を与えてくれる事を望みますが・・・後は天候ですね!

 

去年は真ガレイが最高の釣果を得ましたがブリについては少なめでした!やはり夏場にギョタンに写る影が何であったか判明してはいませんが沖アミだったのでしょうか!

これがギョタンに写っている時はブリが釣れなかったです。

沖アミか他のものかどうか・・・・・!!

これは絶対に関係あると思います。

 

             以上でした。