オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

頑丈ウキ止め製作。/ 今日の紋別港偵察



スポンサードリンク




 

      こんにちは、モンユウです。

 

 本日気温低め、小雨交じり・・・。

今日の紋別港偵察

暖かくなったり寒くなったり、体がついていきませんね!着る物もとっかえひっかえ・・・!!昨日は冬装備、今日は夏装備なんて事も!

 

紋別港偵察に行ってきました、遠くからの確認ですが釣人が数組いましたが釣果の方は分かりません。

f:id:turikichijob:20180426124225j:plain

f:id:turikichijob:20180426124244j:plain

 

 

 

******************************************************************************

 

頑丈ウキ止め・・・一つ作ると10年は使えます。

 

これは頑丈・・・!

これは作ってみて、使ってみてびっくりするぐらい頑丈で、ラインなどが切れてウキ止めごと紛失しなければ半永久的に使えます。

ただ止めに使っているゴムチューブ(むしゴムなど)が劣化しない限りは大丈夫です。

 

製作も至って簡単です。少し強めのプラスチックに穴を開けなくてはいけませんが電動ドリルが無くとも普通のドライバーを熱してそれをプラスチックに当てて穴をあける事も出来ます。

 

手先が器用な方ならばもっと見栄えのするウキ止めの製作が可能でしょう。

 

製作に必要なツールとマテリアル

f:id:turikichijob:20180425132844p:plain

 

 

ウキ止め本体のマテリアル

f:id:turikichijob:20180425133019p:plain

 

さてプラスチックを成形しておきます。

f:id:turikichijob:20180425133121p:plain

 

プラスチックに必要な穴を開けますが、電動ドリルが有ればそれですぐに開けられますがキリでも大丈夫です、また細いドライバーを熱してプラスチックに押し当てて穴をあける事も出来ます。

f:id:turikichijob:20180425133146p:plain

 

 

下の穴の大きなものはより戻しを付けてウキを固定する為の穴になります。

他の穴はラインを通してその間にゴムチューブを付けて固定する為の穴になります。

f:id:turikichijob:20180425133230p:plain

f:id:turikichijob:20180425133317p:plain

 

 

より戻しの右の丸い方をラヂオペンチなどで外します。(少し慣れるまで苦労するかもしれません。)

f:id:turikichijob:20180425133352p:plain

一応これでウキ止め部分の製作は終了です。

それでその付け方は、写真のようにラインを上、下ト交互に通す事が大切です。そして前後には玉を付けます(なくてもok)、最終的に両サイドにゴムチュウブで固定することになります。

 

f:id:turikichijob:20180425133419p:plain

f:id:turikichijob:20180425133456p:plain

f:id:turikichijob:20180425134030p:plain

 

終了です。

f:id:turikichijob:20180425134056p:plain

 

 

ウキ止めにつきましたは、過去にも別のものをとりあげた事がありますが  、今回のウキ止めは最強であると思います。

 

 

:過去にピンを使って製作したものも紹介していますがこれは釣っている最中にゴムチューブが切れ易く、釣っている最中に余儀なく交換が必要な時もあります。

 

f:id:turikichijob:20180426124449p:plain

f:id:turikichijob:20180426124641p:plain

:ゴムチューブだけで製作したウキ止めは一番安価で製作する必要もなく・・・

でもこれじゃ物足りないんですよね!!

 

f:id:turikichijob:20180426125400p:plain

 

 

 

:さて今回のものがウキ止めとしては最強、いたって頑丈です。

 特に私の場合ウキを10号以上のものを使用していますので重さの点でやはり頑丈さが必要になる訳です。

f:id:turikichijob:20180425134030p:plain

 

まだ少し時期が早いのですが用意しておくのも・・・!!

以上でした。