オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

ウキフカセ釣り合せ時!!/ 今日の紋別港偵察



スポンサードリンク




          おはようございます、モンユウです。

 

今日はいい天気、快晴です。気温は最高10℃らしいですが、もう少し上がりそうですね!!

 

今日の紋別港偵察

 

朝早々に紋別港偵察に行ってきました。

海の状態は最高なんですが、魚がいないのか釣人も一人もいません!!

f:id:turikichijob:20180419075107j:plain

f:id:turikichijob:20180419075127j:plain

 

 

 

第2埠頭のホタテ貝殻置き場で、愛媛県からの貝殻運搬船が貝殻積み荷していました、これはカキの養殖に使われるものです。

世間のカキ貝のお役に立てている・・・嬉しいじゃないですか!

紋別ではカキは全く関係ないようですが、こんな所で役に立っています。

f:id:turikichijob:20180419075147j:plain

f:id:turikichijob:20180419075213j:plain

 

************************************** 

 

カラフトマスと鮭の釣り方で・・・ウキフカセ釣りでの合わせるタイミング

 

ウキフカセ釣りでの合わせるタイミングは釣人個々人によって違います。でも正しい方法はあるはずです。

 

確かに、合わせが悪くても良くても釣れるのがこのウキフカセ釣りです。

 

しかし、私が思うに少しでも正しい方法で合わせたとするとヒット率は格段に上がるはずだと思います。

 

 

ここで一つ・・・

 

カラフトマスでも鮭でも同じような合わせ方でいいのだろうか?

 

これにも異論があろうかと思いますがこんな考えもあると言う事で!!

カラフトマスの場合~カラフトマスは意外に集団行動派で、群れの中の1匹が餌に関心を持ち喰いついても群れが(先頭がボス)進行していくと、其の食いつこうとしたカラフトマスは慌てて群れに戻ろうとする習性が強いです。通り過ぎる短時間で餌に食いつこうとする訳ですから、当然合わせは早いです。一旦ウキに変化があり、2度目の沈みが発生した瞬間が合わせのタイミングです。完全にウキが沈んだ時はカラフトマスは一旦口に入れた餌を吐き出そうとする瞬間と言う事になるので完全に遅いです。・・・針がかりしている時もありますが!!

 

基本的に自分のウキでは黒の部分が海面下に隠れるかどうかが重要なポイントになります。

 

 

カラフトマス・鮭共通

f:id:turikichijob:20180416211556p:plain

カラフトマスは引きも早く出来るだけ早い対処が必要になります。

急に自分だけが釣れると言う事はほとんどないので、周りでの釣人がヒットしたかだけでなく、『ビュッ!!シュッ!』など合わせる音がした時は集中が必要となります。

 

こんな時は数秒~数十秒以内にヒットが訪れます・・・!

 

 *******

さて次に鮭なんですが、鮭はカラフトマスに比べると『鈍くさい!!』という言葉がぴったりすると思うのですが、餌の喰いつきでも引き方でもゆっくりした動作です。

 

ウキの沈み方でも全く沈まなかったり、黒の部分にも達しなかったり、さらには同じ位置で止まっている時もあります。

沈も時もカラフトマスに比べるとゆっくりです。

と言っても合わせるのをゆっくりすると言う事ではいけません、鮭は餌を咥えて首を振っている事が多く・・・その際ウキはどうなるかと言いますと、ウキは波による動きでは無いゆらゆら、ふらふら沈まない事があります、では合わせはどうするかと言いますと、その状態でも十分合わせ時なんです。

沈む前に合わせる・・・こんな事も必要なんです。そのためにも、鮭の前アタリによるウキの変化を感じ取る事が必要です。

ウキだけでなくPEに伝わる引きで合わせる事もあります。これを感じ取るためにも糸ふけは最小限にしておかなくてはいけません。

 

よそ見をしていて、振り返ると・・・私のウキどこに行った?・・・なんて事が無いように・・・!!

実際のところ年に何回かはあるんですよね!・・・こんな時のヒットはバラシも多いですが!

 

集中・・・集中・・・集中・・・集中・・・集中・・・

 

 

               以上でした。