オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

統計的に鮭釣り期間を考える!/ 今日の紋別



スポンサードリンク




 

おはようございます、モンユウです。

 

本州では、25℃を超える気温になったらしいですが、この2,3日紋別地方と言うより北海道全般気温が10度以上低くなって最高気温10℃に達しなかったようです。

 

北海道人にとっても寒いです。

 

ストーブも焚きます,・・・雪の量はたいしたことはありませんが、降ると言う事でした。・・・もう要りませんね!

 

 

今日の紋別偵察

うっすらと雪が積もっていました。

気温は氷点下・・・。

紋別港第2埠頭偵察に行ってきました。・・・釣人はいません!!

 

写真を見る限りでは、それほど寒くないよ言うに感じるかもしれませんが、風があるので体感気温は低いですよ!

まだもう少しの辛抱ですね!

f:id:turikichijob:20180405080522j:plain

f:id:turikichijob:20180405080542j:plain

 

 

**************************************

 

 

鮭釣り期間と釣果について考えてみます。

 

今日は鮭釣り期間と釣果について考えます。

鮭は北海道全地域で釣れて,その時期もそれぞれ違うので決定的な事は言えません。

 

そこで取りあえず今回はオホーツク海の紋別近辺を主体的に考えます。

 

 

 

毎日鮭釣りに行く人ならば別段釣時期など考える必要もありませんが、特に遠征しなければいけない釣人にとってはどうしても、過去の実績や 今現在の釣り情報が最大の行動計画に反映する訳です。

 

情報を得て直ぐに・・・と言う訳に行かないのが普通です。従って過去の統計的な実績から確率30~50%で釣れる確率を得る・・・

そのためには絶対的に過去の正しい釣実績を把握しておく事が必要です。

 

2年や3年じゃ全く駄目です。

10年単位での釣果見る事で、その誤差などをも知る事が出来ます。

 

**年は**で、**年は**。

と言う事では判断できないのです。 それには天候などに影響される事が多い訳ですから、単年度の事からは判断はできません。

 

天候等に左右されない鮭釣り期間を統計的に考えてみます。

 

 

これから説明をする事は、鮭の定置網での漁獲はある程度無視します。あくまでも鮭釣りと言う事で、釣り期間を考えます。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

  • 7月中旬 ~ 

       やっとカラフトマスの定置網に入って来る状態で、この時期カラフトマスが主体なので定置網もまだ岸近くにしか設置していません。鮭は一網数本。釣りでは全く釣れません。

 

  • 7月下旬~

       カラフトマス主体、鮭もまだ釣れません。

 

  • 8月1日~10日

      この位から、ちらほら鮭のヒットの声を聞くようになります。

 

 何故鮭が釣れてくるかと言いますと、まだ絶対的鮭の本数が増えた訳では無く、この時期に一機に岸寄りするカラフトマスの中に鮭が紛れ込んでいてそれが釣れると言う事なんです。鮭はカラフトマスに比べると群れで無くても単独で泳いでいても餌に食いつくのです、ですから少ない鮭でも比較的容易に釣れるのです。

8.11~8.20

 

8.13

  • f:id:turikichijob:20180404135121p:plain

   8.16

  • f:id:turikichijob:20180404134446p:plain

      この期間は大体お盆期間で、魚市場が休みになるので魚の荷揚げ履いたしません、定置網も一般的に網揚げと言って定置網の先端部分の袋網に鮭やカラフトマスが入らないようにしています。ですから網に入らなかったカラフトマスや鮭が岸寄りしてそれが釣れると言う事になる訳です。

鮭がこのカラフトマスの群れの中から釣りあげられる事なんです。

毎年、この期間が鮭の釣れる開始日となる事が多い訳です。

 

 

  • 8月20日~8月31日

        カラフトマスの網揚げ期間が終了すると、カラフトマスは勿論鮭の姿も極端に少なくなります。ですから鮭を釣るのは容易ではありません。

しかし先ほども書きましたように、鮭はカラフトマスに比べると比較的容易に餌に食いつくので鮭さえいれば釣れます。ただ絶対数が少ないので釣れる数は多くはありません。

 

  • 9月1日~14日

        この期間に大きな流れが発生します。

   先ず、例年9月1週の5日前後に鮭の定置網の設置が始まり本格的な鮭採捕が行われます。

 

この期間の鮭は、鮭としても銀毛で最高のものが釣れます、定置網にも目だって数が増えてくるのが分かります。(港での鮭の荷揚げを見ていると鮭の漁獲が大凡把握出来ます。)

釣れる鮭はまだ少ないものの、この上質の鮭狙いでの挑戦者も多い。

 

さて・・・9月15日この日が鮭釣りに重要な日となります。この日でこの年の鮭釣りの状況が分かります。

 

 

  • 9月15日   

      この日は大体カラフトマスの定置網があがる(撤去する)日となっています。

朝のうちに撤去する訳ですが、鮭の群れが来よりするのは大体9時~昼ぐらいです。これを境にして鮭の群れが回遊するようになります。しばらくは鮭釣りを楽しめる期間となります。

 午後から鮭が見え始め、釣れるようになります。

 

 

  • 9月15日~9月30

 

    9.16 

f:id:turikichijob:20180404134727p:plain

    この期間が鮭の釣り期間と言っても過言ではないでしょう。

        この9月から10月に変わる頃になると鮭が前期群から後期群に変わります。鮭の大きさが変化した時が後期群に変わった時となりますが、まだ入り混じっています。

 

  • 9月末~10月初旬      

            この期間殆んど毎年なんですが、鮭の爆釣日があります、ただいつかは分かりませんが色々な要素を勘案して見極めます。

去年もXデイと予測した日が、ばっちりと当たりました。

9.29

f:id:turikichijob:20180404134901p:plain

  • 10月15日前後

        例年 10.15前後に  鮭を川に遡上させ、採卵用に採捕するために海での定置網による採捕をお休みにしていたのですがここ数年、天候や何らかの関係で実施されていませんでした。これがもし網揚げがこの期間に行われると当然鮭が岸寄りして最大のサケフィーバーとなるのですが!! 

 

 

  • 10月下旬~11月上旬

          鮭もすっかりとブナ系が多くなり型も小さくなってきますが、まだ鮭は釣れます。ただ一時に比べると鮭も元気が無くなっています。メスのイクラは良い物がとれます。

 

  • 11月中旬

        紋別地方では大体終了ですね!!

 

 

          以上でしたが、どうでしたか?