オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

こんな事もあり得ます!!カラフトマス釣り/  今日の紋別



スポンサードリンク




 おはようございます、モンユウです。

 

 

 紋別流氷は・・・!

沖合にも流氷は見えません、少しずつですが気温も上がって更に流氷も離れているようですね!

f:id:turikichijob:20180308085453j:plain

f:id:turikichijob:20180308085516j:plain

f:id:turikichijob:20180308085532j:plain

 

流氷本体は見えなくなりましたが、先日沖合に流氷と思われる物体を見かけました。

 

 

 

f:id:turikichijob:20180306122604j:plain

 

 

下の写真は、砂浜に去年の流氷の置き土産ですが、今年はこの様な感じの置き土産がないですね!!

f:id:turikichijob:20180302145241p:plain

f:id:turikichijob:20180302145321p:plain

f:id:turikichijob:20180302145341p:plain

 

 

 

 

 

 

 

***************************************

 

 

 

2016.7.31 こんな事もあり得るカラフトマス釣り

 

2016.7.31  朝、藻鼈川河口に偵察に・・・!!釣人が河口の左側の砂浜で竿を振っています。しばらく見ていたのですが数本カラフトマスが釣れていました。

私はこの釣り場での釣りはあまりしないので、この日どこか釣り場は無いだろうか!!カラフトマスは必ず岸寄りしているはずと確信して探索です。

 

f:id:turikichijob:20180302151307p:plain

 

探索開始して次なる釣り場に、・・・!!

釣人はいません、しかし過去の実績から考えて釣れるはずなんだよな~!!

 

海中を覗き込んで見ると、『いました、いました!』どこにいたのかと言いますと

海面だけを見ていたのでは分かりません。

海底すれすれのところに微かに見えるところを泳いでいました。これは経験していなければ分からない筈。

 

当然、竿を取りに車に戻って…ほかに釣人がいないので焦る事もなし!

カラフトマスが移動するのであれば問題が有るでしょうが、この状態のように全く脅かす事もなく静かに泳いでいる時はほとんど移動しない事が多いのです。

 

先ずは、1投目での1本キープ!!

f:id:turikichijob:20180302151336p:plain

 

当然自分で釣って自分でタモ入れですから、群れを散らさないように配慮しながら・・

更に数本追加したところで、釣人に見付けられ、すぐに釣人がやってきました。

 

この時、意地悪と言う訳ではないのですがカラフトマスの群れがどこにいるかを黙っていました。やはり分からないようです。

こんな時はコースを泳いでいる訳では有りません。ラインを合わせたところで釣れるとは限りません。

 

ここで一つ時重要な事があります。

この様な状態の中ではウキが沈むと言う事で合わせてはいません。カラフトマスが餌およびタコベイトを咥えた(見えなくなった)時点で合わせを入れるのです。

これが出来るようにする為には海底すれすれに泳ぐカラフトマスが見えなくてはこれも出来ない訳です。

f:id:turikichijob:20180302151443p:plain

f:id:turikichijob:20180302151515p:plain

 

カラフトマスばかりではありません鮭でも同じですが、カラフトマスの方が群れをなす習性が強いので釣り易いです。

カラフトマスを釣るためにはカラフトマスを見つけよ!!

ですね!!

後は群れを散らさないようにする事が大切です。

 

群れを散らさない方法

群れの中でカラフトマスをヒットさせたら無理やり引かない事(巻き上げない事)

軽くテンションをかけるだけで暫くそのままのしておくと大体は自分から群れから離れていきます、群れから離れた時点でリーリングと言う作業になります。

f:id:turikichijob:20180302151534p:plain

 

         以上でした。