オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭釣り・・こんなケースもある!!/ 今日の紋別流氷『完全接岸』



スポンサードリンク




おはようございます、、モンユウです。

 

昨日は1日中雪!!雪かきは4回、少し腰が痛いです・・・、なんですが、昨日は家内が雪跳ねを手伝ってくれたのは良かったのですが、最中に『ウンッ!! 』 腰に手を当てて雪跳ねストップして…『ぎっくり腰』の様です、即雪跳ね終了。

 

 

 

今日の紋別流氷状況・・・流氷完全接岸

 

今日の流氷は、凄い!!

 

オホーツク海の海面がありません!

全て雪と氷(流氷)…南極か、北極か?と写真だけ見ると間違えるかもしれませんね!

 

 

f:id:turikichijob:20180206130446j:plain

f:id:turikichijob:20180206130536j:plain

f:id:turikichijob:20180206130554j:plain

f:id:turikichijob:20180206130619j:plain

f:id:turikichijob:20180206130745j:plain

f:id:turikichijob:20180206130820j:plain

f:id:turikichijob:20180206130844j:plain

 

 

 

youtu.be

 

youtu.be

 

***************************************

 

 

 

 

2013の鮭釣りでの出来事です。鮭の習性としてこの様な行動もあります。

 

 

 

 

2013年9.18(水)   朝4時過ぎ 堤防に ・・・。 『なんで!!』 釣り人が多い。

多少釣れた情報のためでしょうか?  昨日は、風が強く 釣りは 控えるほどでした。しかし、西風なので 

波は無いはずと言う事で・・・。  案の定 釣りの状態としては good!なのですが。

5時近くになって 私の隣の釣り人がヒット、私が タモ入れと言う事に・・・。

私のアタリは 相変わらず  『ウグイ、ウグイ!!!』

ウグイを一匹釣って  6時半終了。

全体では 釣り人40~50人で 10本ぐらいでしょうか・・・。

*************************************************************************************************************** 朝仕事を終えて 午前中の空き時間堤防に・・・。

しばらくは、 ウグイとの格闘、・・・。

諦めかけていたその時…『私のウキのすぐ近くで鮭が見えたと言うより、浮いてきて止まっている、

鮭は何をしているのだろう?』  数秒後 私の餌を咥えているのが確認できたので あわせを・・・。

『当然ヒットです・・・。』こんな事もあるものなんですね、ウキが沈んだ訳でもなく 異常なし状態。

これは釣り師としては 失格なんでしょうね!

その数分後  今度は前あたりが確認できて 糸ふけをとり 『待ち!!』

来た~~~~!!と思ったら  鮭が 体をギラッ!!っと反転して …悔しい!!ばらし!

多分 とても GREAT!!な鮭だったのでしょう。

仕事のため、12時終了!!

 

 

9・18鮭

色は、今一でしたが

ファイトは 素晴らしいものでした。

『釣ったのではなく、釣れた ・・・』の鮭でした。

 

:::::::::::::::

このケースはあまりお目にかからないと思います。

その時はウキのすぐ近くで鮭が止まっている状態で、鮭が何をしているのかが掴めない。したがって合わせを入れる訳にもいかず少し凝視していたのだけれどもよくよく見ると鮭がタコベイトを咥えている事が確認できたので合わせを入れたと言う事である。

 

これを自分では無く他の釣り人に対してこの様な状態を見かけた事がある。この時は、他の釣り人のものなので何ともしがたい状況であったため黙っていたが、当然合わせを入れても良かったのであろう。

 

普通に考えて、鮭が泳ぎを休み、止まると言う事はあり得ないはずである。

この対処法として、鮭が止まっている時は、ほぼ餌(タコベイト)を咥えていると考えても良いと思う。

したがってこの場合・・・合わせを入れるべきである。

 

             以上でした。