オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

カラフトマス初日を考える!!/ 今日の紋別港



スポンサードリンク




 

     おはようございます、モンユウです。

 

 

 

 

昨日は 流氷が見え、紋別の流氷初日と言う事でした。

『よいよ来たか!!』 と言ったところですが、気温がぐっと下がってくるのもこれからです。

 

流氷が鳴く…なんの事か?と思うかもしれませんが 流氷の『うめき声』にも聞こえます。

流氷がぶつかり合って、其の時に音を出しているのです。

夜の静まり返った状態の中で、何処からとなく『ギュ~~ッ、ギュッギュ~ッ!!』

あまり気持ちのいいものではありませんが、海から離れた私の家でも微かに聞こえる事がありました。

 

いよいよガリンコ号も出番ですよ!!

 

今日の紋別港

 

今日の紋別は、昨日と同じ位の気温でしょうか!

マイナス13℃・・・流氷が来るとこの程度の気温は普通です。

流氷は昨日より少し後退して沖側に移動したようですが水平線ぎりぎりに見る事が出来ます。

f:id:turikichijob:20180131100222j:plain

f:id:turikichijob:20180131100247j:plain

f:id:turikichijob:20180131100308j:plain

f:id:turikichijob:20180131100319j:plain

 

 

 ***************************************

 

 

 

 

今年度カラフトマスの初日の予想、2012年~2017年の実績から

紋別近辺のカラフトマスの回帰は年によって差があるものの、7月下旬から8月初旬である。

 

カラフトマスは一般的に隔年で豊漁・不漁を繰り返すようだ、偶数年は釣れるとか釣れないとか・・・(これは西暦か?)1年狂うと真逆になるのでは・・・!!

これも不確かだ!…最近は当てにならないようだ!!

 

私のカラフトマス釣果で初日の一番早いのが7月10日の事である。

これほど早い年はかって、この年だけで・・・例年7月下旬から8月初旬

 

しかし、カラフトマスが回帰してこなかったと言う事では無くて、単純に釣人の餌に食いついてこなかったと言う事なのである。

私は例年7月の初旬には、紋別の外海防波堤でのカラフトマス探索のための偵察を開始する。ほぼ毎日この防波堤での回遊を目で探索する。

 

 

この7月のカラフトマスは、特に『青マス』とも言われ、背中が一般的なカラフトマスに比べると緑かかっている青である。これについて詳しい事は分からないがカラフトマスと同種であり、単純に時期が早いと言う事だけでそう呼ばれているのか分からない。

 

この青マスについては『旨くない!』というレッテルを張られているようで味は良くないようだ。

私は、カラフトマスを食べないのであまり味については関心が無いが、この青マスはカラフトマスのはしりであるから力がある、釣っても面白い。

 

しかし一つ大事な事がある、この青マスを釣るにはすこぶる配慮が必要だ。

それは、この青マスは人間に対して非常に敏感に反応する。例えば防波堤でこれを釣ろうと座っていて、その群れが通過するときに人間(釣り人)がちょっとでも動くと、それを察知してコースを変える、と言うより逃げるのである。それも瞬間移動をする。

だから私が一人で釣る時などは

普段釣る時防波堤の中央で少し腰をかがめた状態で釣をする。そして動きはゆっくりと人間の影等で驚かせないようにする。

 

この事は産卵で遡上する際に鳥などに襲われないようにするのが目的らしい。

 

カラフトマスのオスの背中が出ているのも関係があるらしい!!

産卵に際しメスが狙われないようオスが目立つようにする為と言う説がある。

 

 

さて、下に載せている写真は私が釣ったカラフトマスで、紋別に廻って来た初日と言う訳ではありませんのでご了承ください。

 

普通ならば、7月の紋別の港祭り当たりが最初である事が多い。(大体7月25日前後)

 

 

 

2012.7.30

 

大体釣れたカラフトマスの鱗の状態(ホッチャレ)でおおよそ回帰してきた時期が分かる。これはこの釣れた日より5日前ぐらいであろう。

f:id:turikichijob:20180129130714j:plain

 

2013.8.2

これは8月に入ってから回帰したものであろう。

 

f:id:turikichijob:20180129130837j:plain

 

 

 

2014.9.4

 

これは8月下旬回帰の様だ。この年9月に入ってからの釣果、カラフトマスが少なかった年である。

f:id:turikichijob:20180129131036j:plain

 

 

 

2015.8.13

回帰は8月初旬、

 

 

f:id:turikichijob:20180129131152j:plain

 

 

 

2016.7.31

 

この年早く釣れ出したが中抜けした年である。

f:id:turikichijob:20180129132023p:plain

 

 

2017.8.9

これは去年の釣果です、去年はいい状態で釣れましたね。

台風による影響を受けましたが・・・。

 

 

f:id:turikichijob:20180129132255j:plain

 

 

 

カラフトマスの初日と釣果の関係はどうなのかは分からない、早くから釣れていると言えどもその後全くいなくなる事もあるので何とも言えない。

 

逆に、釣れなかった日が数日続くと急に群れが来遊する時もある。これはきわめて極端である。

であるからして、偵察を怠る訳にはいかないのである。

チャンスは自分でもぎ取れ!!だろう・・・。

 

カラフトマスの回帰は気温と関係あるか?

カラフトマスは過去の実績から考えても暑さにはあまり影響を受けないようだ。

例年、8月の厚い時に半袖でカラフトマス釣をする機会が多い。

それよりも、

海の時化具合これが一番影響していると思われる。

 

さて、今年の回遊予想は・・・去年は予想以上に釣れたので今年は少し少ないのかなと!!

 

 

 

 

               以上。