オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭・カラフトマス・・チャンスを見逃すな!/今日の紋別



スポンサードリンク




  おはようございます、モンユウです。

 全国的に荒れ模様です、特に雪の降る事のない地域にまで積雪・・・これは慣れていない人にとっては大変な事であろうと思います。くれぐれも事故など起こしませんよう!!

 

 

 今日の紋別港と沙留港

紋別地方はまだそれほど荒れていませんが、きょう東京に行っている家内と娘立ちののる飛行機は飛ぶようなんですが少し遅れていると言う事でした。

 

さて今日の紋別は朝マイナス13度近くありました、寒いです。

仕事で沙留まで行って港内を見てみるとしっかり蓮葉状氷ができていました。

 

f:id:turikichijob:20180123102506j:plain

f:id:turikichijob:20180123102529j:plain

f:id:turikichijob:20180123102554j:plain

 紋別に帰ってきて港内偵察に行きましたが第2埠頭での釣人はいませんでした、それと巡視船『そらち』が近づく流氷を避けているのか停泊していませんでした。

そろそろ紋別港も完全冬眠かな!!オジロわしは相変わらず街頭の上で2羽仲好く・・・どういう関係かは分かりませんが!!

 

f:id:turikichijob:20180123102920j:plain

f:id:turikichijob:20180123102938j:plain

 

もの凄い数の渡り鳥でした、遠すぎて名前は分かりません。南に向かっていました。

 

f:id:turikichijob:20180123103001j:plain

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

チャンスを見逃すな!!

直ぐ下の写真を見て、何をどう感じますか?

 

ただなんとなく海を見ていてはいけませんよ!!

何処がどうなるか・・・何かを感じ取らなくてはいけません!!

そのためにも、何かを感じ取る(釣りに関して)訓練をしておかなくてはいけません。

この事は全ての釣り場での応用がききます。

::::

私の場合・・海を見る時見える範囲を端から端までスライドさせて視野を往復します。

それで、①海の色が違うところは無いか。②海の中で小さな波が立っている所は無いか。③海に波紋らしきものは無いか。④ 何処からか特異な音が無いか。・・など

 

これを瞬時に判断します。

 

防波堤や岸壁を歩く時、常に目と耳を使って歩きます。

私と一緒に歩くと他の人とは歩くスピードが遅いと感じるかもしれませんが、こんな理由もあるのです。

時々  急に立ち止まる時がありますが、其の時はそれらしき場所を凝視しているか、

何か音が聞こえた時なのです。

 

 

さてこの写真では大きく見えていると思いますが、テトラポットの内側に少し波が立っているところがあります、これは鮭の群れなのです。

釣人がいなければ、『これは〆た!!』ですが、この時は数人いました。

でも誰のウキが浮いていませんね!

気が付いていないのかな!!

この日私は、あえて竿を出していません。

f:id:turikichijob:20180122155031p:plain

 

 

 

 

ここでカラフトマスの群れを発見して、急いでその群れのいる所に移動して釣を始めて釣ったのが下の写真です。

 

ここでは波紋等では無く海の色と、時々もじりがあったのを発見して、群れを確認したのです。

 

釣人がいるのかどうかではありません!自分の目で耳で確認する事なのです。

例年釣れている時期であるのであれば当然釣り場を偵察する・・・これが定石でしょう。

 

f:id:turikichijob:20180122155745p:plain

f:id:turikichijob:20180122160616j:plain

ちょっと海を意識するだけでも、見方が変わってきますよ!

 

*****かな~~~!!でもいいんです。

その場所を見る、確認すると言う事から始めてみると良いですね!

 

             以上でした。