オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭釣りと海の色の関係/ 今日の紋別港釣り情報



スポンサードリンク




 

   おはようございます、モンユウです。

 

 昨日の昼過ぎから吹雪いて今日の朝8時過ぎやっと静かになってきました。

雪は思ったほど降らなかったので雪跳ねは昨日2回今日の朝軽く1回・・・ま~こんなもんで済んで、安堵しています。

 

 今日の紋別港釣り情報

 

 

朝8時過ぎに紋別港の偵察に行ってきました。

釣人はいません!でも・・・好きな人がいるんですね、埠頭には車のタイヤ痕が、偵察なんでしょうか?外海は時化がひどいですが内港は何とか釣りはできそうです、これから釣人出てくるのかな!!

 

 

f:id:turikichijob:20171214084130j:plain

f:id:turikichijob:20171214084145j:plain

f:id:turikichijob:20171214084158j:plain

f:id:turikichijob:20171214084229j:plain

 

 

 

***************************************

 

 

 

今日も頑張って、ブログアップします。

今日のテーマは、皆さんあまり考えない事をとりあげてみようと思います。

 

海の色・・・釣れる時の海の色は?

 

鮭釣りに限定しておきますが、海の色と鮭釣果との関係について少し考えてみたいと思います。

 

これから書く事が絶対と言う事では無いと思いますが今までの実践で感じた事を書いてみます。

海の色は次のものが有ります。

  • ①一般的な青(海色)
  • ②透き通っている状態の色
  • ③雨が降る前の少し波が出て来て白波が出てきている時の色
  • ④雨が降っている最中の海の色
  • ⑤雨がやんで海の色が白く変色しているような色
  • ⑥雨により川からの濁り水が流れ出した時の色
  • ⑦雨水が濁流となり海まで流れ出し海まで濁らせた色
  • ⑧その他考えられる海の色

 

これらの海の色の状態がある訳ですがこれが鮭釣りにどう影響してくるかを考えてみます。(具体的に**色と言う訳では無く周りから見ての色の違いの事もあります。)

 

①・・・一般的な青(海色)・・具体的にはこれが普通の海の色だと思ってくれていいと思います、この色の時は回遊する鮭の群れも良く見えますが逆に考えると鮭の方からも人間が見えている訳で釣るには技術を要します。出来るだけ岸寄りしている鮭がいたならば岸から離れて釣る事が得策と思います。

 

②・・・透き通っている海の色(透明と言う事です)・・完全に透明と言う事はありませんがオホーツク海に関して言いますと6~8月の夏の期間に見られますがこの透き通っている状態はなかなかありません。鮭釣り期間にはまれな海の色かもしれませんがオホーツク海北部の港ではよく見られます。この時は鮭が餌を食う瞬間も見る事が出来ます。その時の合わせは『ウキを見るな!!  タコベイトを見て合わせろ!!』

私のホームの紋別では鮭時期にこの海色にはお目にかかりません。(カラフトマス時期はよくあります。)

 

③・・・雨が降る前の少し波が出てきて白波が出てきている時の色・・こんな時は海の色とは無関係に釣れ出す時があります。波が出始めには海が白くなり始めます、それは海水に空気(酸素)を供給している事によるものでしょう、そのために鮭が回遊しているのであれば餌を喰います。

 

④・・・雨が降っている最中の海の色…雨が海を叩いている時は鮭からは人間を見る事は難しいと思います、それだけに鮭は警戒心を無くしているはずです。

これは色と言うよりも状態ですね、雨の量にもよりますが時には大釣り出来る時があります。

 

⑤・・・雨が止んで海が白く変色している様な色・・・(強い雨の後です。)

これは皆さん経験した事がないかもしれませんが、私も過去に2回しかありません。

この時の状況を・・・

 

 

釣り場で雨が強く降り始め釣人はほとんどお帰りに残った釣人はわずか3名。

雨がいつ止むか分らなかったのですがそのまま釣りを継続していました、そうして暫くして雨がピタッと止み・・・海が白く泡立ったような状態になり今まで見えなかった鮭が群れをなして浮いてきました。

海一面に鮭がと言う状態になりました、何処にウキを投げても釣れる状態になり数匹釣りましたが・・・一時的な事で数匹釣ると鮭がいなくなりました。

何処に行ったのか全く分かりません、潜ったのやら、遠くに泳いで行ったのやら!!

しかしこの状態に遭遇する事はほとんどありませんが、記憶に残る光景でしたね。

 

⑥・・・雨により川からの濁り水が流れ出した時の色・・・濁りだして間も無い時の色できれいな海水とささ濁りの色との境が分かる時の色~この時はやはりこの濁りのところは真水で海水との潮目となっているところです。やはりその潮目あたりを鮭は泳ぎます。この様な時は早めに見極めてその場所に投入するといい結果が得られるかもしれません。

 

⑦・・・雨水が濁流となり海まで流れ出し海まで濁らせた色・・・茶色になってしまったらやはり釣れなくなりますね、其の時は早めに澄んでいる海水で鮭のいるところを探したほうが良いですね!

 

⑧・・・その他考えられる海の色・・・③~⑥のまだ海が透明でなく多少濁りが有る中で周りとは違った色が有ればそれは鮭の群れかもしれません、一応挑戦してみましょう!!もしかして鮭ならば大釣り出来ますよ!!

 20170817161903

 

f:id:turikichijob:20171213140508p:plain20170923162315

 20170817161939

            

 

                以上。