オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

タモの扱い方でバラシを少なく!/ 今日の紋別港



スポンサードリンク




 

おはようございます、モンユウです。

 

昨日の日中は太陽さんも眩しく日差しもやさしかったのですが、日が陰った途端に気温が急降下!

 

寒いなんてもんじゃありませんよ!  体は陽のの温もりをまだ感じていたのに急激に気温が下がる訳ですから、体がついて行けない訳ですよね。・・・寒い!!

これから雪が降るらしいのですが、気が重くなってきます。

明日は雪はねかな!!と思うだけで嫌になってきますね。

 

 

でも、今日は雪降ってませ~ん!!でも風が凄い!!

これで雪が降っていたら、猛吹雪でしょうね!

 

 

今日の紋別港釣り情報

 

何はともあれ、今日の紋別港の釣り情報

 

今日も頑張って紋別港偵察に行ってきました。

 

・・・・・・

 

予想通り釣人一人もいません!!

 

こんな天気の中無理して釣をする事も無いですね!

f:id:turikichijob:20171213091751j:plain

 

 

巡視船『そらち』も港内中央に退避してますよ!

 

いつもなら釣人で一杯の釣り場なんですが・・・。

f:id:turikichijob:20171213091809j:plain

f:id:turikichijob:20171213091824j:plain

 

 

 

 

 

 

 

今日のテーマは・・・

皆さんあまり気にしていないタモの扱いについてです。

 

 

タモの扱い・・・「タモの大きさ」がとか「たもの形」がとか「タモの柄」が・・・

 

 

確かにタモ自体の問題もあろかと思いますが今日はハードの問題では無くてタモをどう扱ってタモ入れするかに焦点を持っていこうと思います。

 

先ず第一に、第3者にタモ入れしてもらう時にそのタモを持って入れてくれる人がすくい損なってばらしたとしましょう。

 

 

誰が悪いのですか?

 

 

それは仕方ないと単純に諦めてしまいますか?

 

それは違うと思います。

悪いのは『釣った本人つまりあなたです!!』

 

何処がと思うかも知れませんが、釣った鮭などをタモに入れてもらう(すくってもらう)

それは考え方が違うと思います。釣った本人が未熟だと思います。

釣っている場面をよく目にしますが、釣った本人はすくってくれと言わんばかりに海面の魚を見る事無しに後ろに下がっている釣人がいます。

 

違いますよ!!・・・と思っています。

 

釣った本人がタモに入れてあげるのです。

 

 

ここで一つ問題がありますが、タモを持っている人は決してまだ鮭などの顔を見ていないうちからタモを海中に入れてはいけません。

それを見ると余計に鮭などは暴れてしまいます。ですからその判断は釣った本人がもうタモを入れても良いかどうかを判断しなくてはいけません。

 

その合図でタモ入れする訳ですが出来るだけタモは海面ぎりぎりに入れておくだけで釣った本人が鮭などをタモに誘導する・・・これがベストだと思っています。

 

(これだけが最善かどうかという問題もありますが、ケースバイケースと言う事もあるでしょうね!)

 

 

 

 

 

20170920082544

 20170920082522

 

 

私は、ラインブレイクや釣ってすぐにばらすこともありますが、タモ入れの段階でバラス事はほとんどありません、時には自分一人で釣ってタモ入れする事もありますがかえってバラシは少ないような気がします。

 

でも、魚によってはすくって貰いたい時もありますね!!

 

 

           以上。