オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭・マス釣り上達法・・これは役に立つ!!/   紋別港偵察



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

今日は寒いです朝は氷点下10度まで下がっていました。

 

 

今日の釣り情報・・・沙留港・紋別港

 

今日は仕事で沙留に行ってきましたが途中外海は大時化です。

港内に釣人は一人もいません。

 

 

f:id:turikichijob:20171201104112j:plain

f:id:turikichijob:20171201104127j:plain

 

 

紋別に帰ってきて紋別港偵察です。紋別港第2埠頭から・・・

チカ釣り人は4人位いて釣れているところはやはり巡視船『そらち』の船首から少し離れた場所では入れ食い状態でした。

 

f:id:turikichijob:20171201103929j:plain

f:id:turikichijob:20171201103947j:plain

 

 

竿の数は100本位ありそうですが複数本の竿を出しているので人数は40人位です。

釣れていますよ!

f:id:turikichijob:20171201104019j:plain

 

 チカ釣り偵察後ニシン釣りの場所の偵察に行きましたが、石炭運搬船が本来ならば石炭の荷降ろしをするところですが時化ているために荷降ろし中止して沖で停泊しています。そのためかニシンは釣れていないようでした。釣人が一人いたのですが写真を撮るときには終了してお帰りに!!

f:id:turikichijob:20171201104709j:plain

 

 

 

 

今日は天候が悪くてニシン釣になりませんので

 

今年のカラフトマス釣りについての記事から役に立つものを

次の下2つの写真を見て、画像から何か感じ取る事が出来るものは有りましたか?

 

 

******流石です!!********

 

これが見えた釣り人は、普段でも釣れます、ほかの釣り人よりはるかに優れた目をお持ちです。素晴らしい!!

 

実際の海でもこの様な状態がしばしば発生しているのですが、如何せん釣り初心者には何の事か全くわからないと思います。

この2まいの写真の中にカラフトマスの群れがいるのです。ですからそれが分かった釣人はその場所にウキを投入すれば間違いなく釣れるのです。

 

 

『何故あの人ばかり釣れるのでしょうね?』と言う声を聞く事が良くあります。

それにはこんな事が潜んでいたのです。

 

初心者には『どこ、どこ!!』と言われますが、それはおいおい学習してください。自分の目で瞬時に見極める事が出来るようにしなくては他の釣り人より釣果を上げると言う事は難しいです。

意外に、鮭もカラフトマスもその姿を見る事はあまりありませんがこの様な海の色、つまり魚の群れの色で判断して釣る機会も多いものです。

 

 

2枚の写真の中央にわずかに黒くなっているところが有ると思いますが、これが魚の群れなんです。

 

20170817162009

 


20170817161903

 

 

 

写真から感じるものが無かった釣人さん・・・

さて上2枚の写真で変化を見極める事が出来なかった釣人はまだ、修行が必要ですね!(偉そうに申し訳ありません!)

教えてもらえれば分かるでは、どうしても遅れます。

他の釣り人よりも早く正確に見付ける・・・これが釣果アップの近道です。

 

これが分かれば絶対に役に立ちますよ!!

 

 

 

 

群れを見つける事が出来るようになれば、群れを散らすことなく群れに集中的にウキを投入して釣る事が出来ます。釣果はこの様に飛躍的にアップしますよ!!

 

20170822111813

 

 

 

この事は、釣り人が多いところでは成立しません、なぜなら釣れた途端に釣人が寄ってきて群れを散らしてしまうので分からなくなってしまいます。ですからこの様な事が出来るのも釣人がほとんどいないようなところでと言う条件つきになります。

 

 

             以上。