オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

メヂカはいるらしい!!岸寄りを待つ!



スポンサードリンク




 

こんにちは、モンユウです。

 

 

今日は朝からいい天気ですね!気温もそれほど下がらず・・・これが続いたら言う事無いのですが!!

 

 

今日の偵察

 

* 近隣漁港での偵察・・・

  朝の仕事の合間に近隣漁港を偵察してきました、今日は鮭の定置網漁の船が丁度帰港してきたので様子を見てきました。

 

ちょっと雰囲気が違いますね!!

 

 

f:id:turikichijob:20171114115345j:plain

f:id:turikichijob:20171114115405j:plain

 

写真を見てお分かりかと思いますが、全体的に茶色がかっています、これは鮭が少ないと言う事を意味しています。

網の中には鮭が2割いるでしょうか、残りはカレイ・カジカ・フグ・ソイなど本来の鮭定置網に入る魚では無いものです。

ただ一つ救われるのは、鮭のうちメヂカが多いと言う事です。

 

 

しかしこのメヂカが岸や港内で釣れる確率は極めて小さいのです。

ただでさえ少なくなってきている鮭、その中からメヂカを釣るとなると如何に大変かお分かりと思います。

 

ですからこの価値は大変な物です、金額的な問題はさておいて、労力に対する対価はメヂカ1本  15000円と言われても納得できるのじゃないでしょうか!!

 

紋別近辺で今年はまだメヂカが釣れたとの話は聞いておりませんが、どこかには居るものと確信します。

まだ気持ちは捨てていないのですが、また土・日の天気が良くないとの事、どうしましょうかね!!

 

 

 

 

 

紋別港チカ・・ニシン情報

 

紋別港のニシン釣りは今年はまだ釣れていません、今埠頭で石炭船が荷揚げをしていてニシン釣りをする埠頭の近辺ではこの船の作業のうるささで例えニシンがいても釣れないものと思います。

石炭船このほかにもう1艘荷揚げする予定らしいので、11月25日前後で最終的な荷揚げは終了するらしいです。

 

ニシンはそれ以降ですね!!

 

 

 

 

さて紋別港第2埠頭のチカ釣りですが、巡視船『そらち』が今時化回避の為沖合で停泊しています、それでそらちの通常停泊場所にも釣人が沢山いました。

 

朝方は釣れているようでした、私が偵察に行った時は少しは釣れていましたが釣れる釣れないがハッキリしていました。ちょうど釣仲のT氏がいてチカ釣りをしていました。

普段はニシン釣りをしているはずのT氏、今日はやはり石炭船の荷揚げを考えてチカ釣りに変更したと言う事でした。

 

T氏チカ釣り竿を2本出していたのでちょっと1本お借りして私もチカ釣りのお手伝い!!

 

1時間ほど話をしながらのチカ釣り、大釣りはできていませんでしたが、チカの大型を含め15匹位釣ったでしょうか、あくまでもお手伝い!!

 

 

f:id:turikichijob:20171114121103j:plain

 

 

第2埠頭前面は釣人で一杯です。

f:id:turikichijob:20171114121112j:plain

 

 

 

今日はこの場所の釣人が一番釣れていました!

 

ここは丁度コーナーでチカの通り道なんでしょうね!!・・・

 

第2埠頭の一番左角です。

 

f:id:turikichijob:20171114121125j:plain