オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

ウキの重さを調節する裏技。『セメダイン エポキシパテ』が大活躍



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

昨日は夏です…。毎日季節が行ったり来たり、四季が狂ってきているのでしょうかね。

 

昨日は朝釣りに行ったのですが、流石に日中は暑くて釣りに行く元気もなかったです。

相変わらず海は波が高く風も強く、明日もキツイかな!

 

 

鮭に関する昨日の情報

直接鮭釣りに関する情報ではありませんが、関連情報です。

 

台風が来るからという事で陸寄りの網を揚げていたカラフトマスの網は、昨日の段階でまだ海が時化ているため設置できていません。

 

さらに、鮭の定置網の陸寄りの網が設置できていないようです。 

 

カラフトマスの定置網と言っても、今時期カラフトマス漁はほぼ終わりです。なのになぜカラフトマスの定置網なのでしょうか?

 

それはカラフトマスの網に鮭が入るからです。

 

その鮭が入る網が入っていないと言う事は、鮭が回遊するからでしょう!

 

鮭の中間網と陸網がまだ入れられない状態だったので、これも鮭の回遊に有利に働いているでしょうね。

f:id:turikichijob:20170905130742j:plain

f:id:turikichijob:20170905130811j:plain

f:id:turikichijob:20170905130836j:plain

 

この網が入ったら、鮭の回遊がさらに減る事はハッキリしています。

海さえ時化ていなければはりきって釣りに行く所ですが…残念ですね!

それでも、あと数日は釣れるでしょう。

 

 

今日の紋別釣り情報

今日の紋別港の外海は、まだ波が高く釣りになりません。これでは定置網(おか網)の設置も当然無理でしょう。

 

f:id:turikichijob:20170906112408j:plain

 

今日は朝検診日なので病院に行って、それから滝の上まで仕事です。

 

ついでに、初めて滝の上の錦仙峡を見てきました。

写真ではよく分かりませんが下の動画ではハッキリと分かります。

f:id:turikichijob:20170906114044j:plain

f:id:turikichijob:20170906114108j:plain

f:id:turikichijob:20170906114129j:plain

 

川の上にある橋から下を覗き込んでみると、二ジマスや、産卵間近のカラフトマスの群れが泳いでいます。

 

ここはキャッチアンドリリース区間ですから釣りはできます。

ニジマスはOKですが、カラフトマスはNGです

 

youtu.be

 

 

ウキふかせのウキの重さの調節用パテ

ウキフカセ用のウキの重りには、出来合いの重りを使うと言っても重さは決まっています。

それより重い物を使いたい時は、自分で鉛を溶かして作る事も出来ますがそれも簡単な事ではありません。

 

そこでどうしたら簡単に重くする事ができるか考えたのですが、下記の方法があります。

 

 

セメダイン エポキシパテ・水中用

f:id:turikichijob:20170905132958j:plain

f:id:turikichijob:20170905133016j:plain

f:id:turikichijob:20170905133029j:plain

 

これをウキの鉛部分に重ね付けして重さをプラスする事が出来ます。

 

ちなみに私のウキは重さが10~12号です。

 

一般的には市販されているものは重くても10号まで。

 

1号で(1文目・3.75g)ですから

 

10号だと 10*3.75=37.5g

12号だと 12*3.75=45g

 

この違いは7.5gです。

これをプラスするのは変形簡単なエボキシパテだと、いとも簡単に成形可能です。

 

これで簡単に重さを調節することができるのです。