オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

『なんとなく釣れた』は卒業しよう。ケース別の鮭の釣り方を考える



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

カラフトマスはどこに行ってしまったんでしょうね?

全くいる気配がありませんし、釣り人もいません。先日の大雨以降全く姿を見せなくなってしまいました。

 

やはり雨が関係しているのでしょうか?

 

ちょうど沖から定置網の船が帰ってきましたが、船の沈み方がそれほどでもないので、あまり獲れていないのかな?

 

f:id:turikichijob:20170830102406j:plain

f:id:turikichijob:20170830102433j:plain

 

 

昨日の紋別港釣り情報 

先ず昨日紋別港第3埠頭、第2埠頭の偵察に行ってきました。

と言うのも、防波堤でのカラフトマス釣りが全く駄目なので、久々に紋別港内の偵察に行って来たのです。

 

カンカイ釣りの姿はめっきりと無くなり、地元の釣り人はほとんどカンカイ釣りをしていません。

 

先に言っておきますが、釣れない訳では無いです。

釣れるのにカンカイ釣りをしないという事実があるのです。今まで皆がどれだけのカンカイを釣った事やら…それでも数は減っていきません。

 

私も少し前に釣ってからからになるまで干して、珍味にしておいたものがすっかり食べきって無くなってしまいました。

なるべく大きなカンカイのみ珍味にして食べました。

干したらほとんど身の部分がありませんが、それでもあの独特のカンカイの味が忘れられません。

 

あまりにもカラフトマスが釣れないので、カンカイ釣りの浮気でもしようかと消極的な考えが脳裏を過ぎります。

 

昨日はそんな中でチカ釣りをしました。いい調子で釣れていましたよ。

カンカイの釣れている時はチカも全くいなかったのですが、最近チカが出てきているようです。

f:id:turikichijob:20170829143520j:plain

f:id:turikichijob:20170829143544j:plain

 

 

今日の紋別港釣り情報

今日の朝4時半通常偵察および釣行に行ってきました。

しかし、釣り人は私と釣り仲のS氏のみ!

 

5時少し過ぎまで竿を振ってみましたが全くその気配が感じられません。

早めに終了!

 

その足で、紋別港第2埠頭に行ってきましたがカンカイ釣り人はめっきり減ってチカ釣りに変わりつつあります。

f:id:turikichijob:20170830102136j:plain

 

 

今日は仕事で滝上まで行き、帰りに川を眺めてきました。

いい感じですね。ニジマスが釣れそう!

f:id:turikichijob:20170830102609j:plain

f:id:turikichijob:20170830102635j:plain

 

 

『なんとなく釣れた』からの脱却

「長い防波堤で鮭はどう回遊しているか?」

防波堤と平行に泳いでいるとは限りません。それはいろいろなケースがあります。

どうやって釣ったらいいのでしょうか。

 

 

① 近くで先に群れの中から鮭を釣られてしまった場合

コースをどこに合わせるか、鮭が内側に入るか外側に出るかそれは分かりません。

一つ間違い無く言える事は、ウキを内側に寄せた場合鮭が内側に泳いできた時はOKなんですが、外側に泳いで行った場合はその群れでのトライはできません。

できれば少し沖目に投げておいてコースどりしていくのがベター出ないかと思います。

 

② 防波堤と言っても海底の形状によって障害物などにより回遊コースは一定ではありません。ですからそのコースをよむ事が必要です。

 

③ 自分の周りの釣り人の技量がどの程度なのか、早めに察知しておきましょう。

別に投げられなくてもかまいませんが、先に知っておくと釣れた場合ラインをオマツリ(絡める)すると言ったトラブルを防ぐことにもつながります。

慣れて来ると分かりますが、なげる時は有る決まりがあります。

それは自分なりに習得してください。トラブル回避は釣果プラスに繋がります。

 

④ 防波堤が釣り人でこみ合っている時は、オーバースローで竿を振る時は特に後ろを確認しながら投げなくてはいけません。

後ろに見学者や通行人がいる時があって危ない時があります。

そんな時の為にアンダスローで投げる事が出来るようにしておくと危険回避になります。(練習あるのみ!)