オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

『キャリーカート』は鮭釣り遠征の必須アイテム。これがないと大漁の時に苦労しますからね



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

昨日は夕方4時過ぎに防波堤偵察に行ってきましたが、釣り人は一人もいませんでした。釣れていないと言う事なんでしょうね。

 

昨日5時半過ぎにラインが入ってボウ釣り場で、鮭の数匹の群れが有って特大オス1本釣れ1本バラシたとの事。

一昨日はその場所に行っていたのですが昨日に限っていきませんでした。

こんなもんですかね?

 

今日はちょっと私用で北見まで行くので釣りはできません。

一応朝の偵察のみ行ってきます。

 

 

紋別港 カラフトマス&鮭 情報

今日の朝4時半。定刻。偵察任務完了!

 

異常なし! 釣り人ほとんどなし!

f:id:turikichijob:20170828072513j:plain

 

 

 

鮭釣り遠征必須アイテム:キャリーカート

鮭釣り遠征での、いざという時に必要なアイテムを紹介します。

 

釣れた鮭が1、2本ならば問題はないのですが、それが3本以上となると必要になります。

釣りをしている場所と車を止めている場所が離れている事が多いので、私にとっては運搬は非常に苦労をします。

 

そこで必要なアイテムが『キャリーカート』です。

f:id:turikichijob:20170827180126j:plain

 

今までにこのキャリーカートで運んだ最高の本数は、このボックス部分に10本でした。

 

手で持って運ぶとなると、鮭だけ運ぶとしても3本が限度です。

10本を超える本数を運ぶためには、何回も長い距離を往復しなくてはいけない事になります。

 

鮭釣り遠征に際しては、いざという時の事を考えての必要アイテムです。

 

またカートと一緒にゴムベルトは必要です。

運ぶ際しっかり固定しておかなくては、ひっくり返した時は最悪な状況に一変しますよ!

 

普段はかごの部分が折りたたんでおく事ができるタイプです。車に載せるので、このタイプが良いと思います。

 

かご部分を開いて鮭をいれます。

釣り場に向かう際に、このかごの中に釣り道具を入れて運んでも良いです。かごの上にクーラーなどもつんでいく事も可能です。

 

このカートに竿やタモを一緒に運ぶ事が出来るように、工夫している知り合いもいます。

f:id:turikichijob:20170827180207j:plain

f:id:turikichijob:20170827180237j:plain

 

キャリーカートには色々な種類があります。

私の年齢的・体力的なこともありますが、鮭を釣って帰る時が一番の苦労です。

 

釣り場に向かう時は張り切ってすたすたと歩いていくのですが、釣りで疲れていることもあり、帰りは非常に大変な思いをします。

 

そんな苦労を少しでも解決するためには、キャリーカートをぜひ用意してみて下さい。

 

 

 

 

ついでに用意推奨:ブラシ

カートを持参するにあたって、『ブラシ』を持参した方がいいと思います。

鮭釣りをさせて貰っているお返しに、せめて釣り場を少しでもきれいにしましょう。

 

血で汚れたところをきれいにするために、是非どうぞ!

f:id:turikichijob:20170827180326j:plain

f:id:turikichijob:20170827180353j:plain