オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

カラフトマスの数が少なくフグの襲撃もある状況で2本釣り上げました!



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

昨日の朝はカラフトマス釣り、最高に楽しませてもらいました!

 

 関連記事:カラフトマスXデイ到来! 朝だけで18本釣れたので休む暇なし!

 

 

なぜ釣れたのか?

昨日釣りに行っていて、ちょうどカラフトマスの定置網の漁師さんが話していました。

網にはさほどのっていないようです。それがなぜ釣れたのか、確かな理由があるはずです。

 

確かに釣れたカラフトマスのほとんどがホッチャレなので、なにがなんでも川に遡上しなければいけないと言う事なんでしょうか?

それがどうやって定置網をくぐりぬけて沿岸までやってきたのでしょう? 分からない事ばかりですね!

 

 

今日は大潮…何かしらの関係があるのでしょう!

関係があるけれども、それがどう影響を及ぼしているのか…何とか知り得たいものです。

 

ただ釣れたと言う事だけでは面白くないので、「どうして?」が私にとって重要な事なんです。

ま~これについては、おいおい考えていくとしましょう。

 

 

フグの影響

さて昨日もそうでしたが、フグがいますね。

餌にはイカとエビの抱き合わせで釣っていますが、まずエビから狙われます。

そしてイカが狙われるのですが、その如何に明らかにフグであろう歯型があります。

フグの場合、ウキがほとんど沈まず、それでいて餌がしっかり無くなっている事があります。これこそフグの襲撃です。

 

釣りをしていると、タコベイトの足が1本2本とフグに喰われて減っていきます。

 

昨日の場合、このフグにも勝るほどのカラフトマスがいたので、カラフトマス優先で釣れたと言う事なのでしょう。

 

 

 

今日のカラフトマス釣り 

『どこに行った?』

朝4時半から昨日の釣り場に行きましたが、釣り人は多少多くなっているものの、釣れていないと言うより、そもそもカラフトマスがいません。

私が着く前に3~5本釣れたと言う事ですが、確認していません。

私はそこで数回竿を振ったのですがすぐに止め、内湾を見てみると、多くはないですがカラフトマスのもじりがあったので移動しました。

 

最初は全く反応が無かったのですが、そのうちに数も増えてきて少し喰い気が出てきたのでしょうか。

 

ヒット、それも連続ヒットです!

 

その2本目が隣の釣人とオマツリをしてしまって、それをほぐそうとしていたものの、なんと自分のラインを切ってしまいPRノットを結ぶとなると又時間がかかるので少し早いですが終了しました。

 

7時前の終了です。結局この2本で終了しました。 

 

私が帰るので、その場所で釣仲が釣りを始め、帰りしなふと目をやると、ヒットしてタモ入れしている姿が見えました。

 

f:id:turikichijob:20170823101157j:plain