オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

「赤イカを付ける」これがカラフトマス釣りでカンカイに餌を取られるのを防ぐ方法



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

朝(夜中?)の2時すぎに目が覚めてしまいました…。もう眠る事はできませんね!

釣りにはまだもう少し時間がありますが、一応スタンバイしておきましょう。

 

皆さんにも経験がおありかと思いますが、釣人はいくつになっても子供なんです。

 

毎日釣りができる環境。そしてこれを認めてくれている家族。さらには継続できている体に、大いにに感謝しています。

 

 

 

今年初物のカラフトマス

やっと待望のカラフトマス初物を得ることができ、一安心しました。

 

それにしてもよくバラしました。朝は6バラし。午後からの釣行でも2バラし。

 

しかし、バラした原因は分かっているので、そこは修正して次の釣行に備えています。

 

昨日は合わせを気持ち小さくしてみましたが、こればかりはいまだにわからないことが多いです。

針はかかっているのに外れるのは、簡単に説明がつきません。

いろいろ試してみるのも必要なことですね。

 

考えてみると、釣りにおいてバラシは必要不可欠なものです。これがあるから釣りが楽しいのは間違いないですし、「次こそは!」と思うんでしょうね。

 

 

 

カンカイの猛攻

2017年は早くからカンカイが釣れていて、このカンカイがカラフトマス釣りにも邪魔をしています。

餌を付けて投入すると、すぐにカンカイのアタリがあります。

 

20170725101943

ウキを沈める魚は下記の割合でしょうか…。

カンカイ → 90%

カラフトマス → 5%

ガヤなど → 5%

 

ウキが沈めばとりあえず合わせを入れます。

それが普通なんでしょうが、餌をとられることが問題なんです。

カラフトマスが釣れるかどうか以前に、餌がとられるかどうか…。この対策が一番の重要です。

 

特に昼からの釣行はひどいですね。カンカイの猛攻に遭ってしまいます。

朝はそれほどでもなかったのですが、午後からはとにかくひどかったです。

 

カラフトマスの群れが、今これからウキをめがけてやって来ると言うのに、カンカイが餌をついばんでいる。

これは最悪ですよね。それをどうにか防ぐ手立てを考えておくことが大切です。

 

できれば、餌は『イカ+エビ』か『イカ+魚類』にしましょう。

どちらにせよイカ(赤イカ)を付けることにより、カンカイに餌を取られることに対処できるでしょう。

 

 

カラフトマス釣り

朝3時半には防波堤に行ったのですが、すでに釣人で一杯です。

これほどの釣人は過去にも有ったでしょうか? もうびっくりです。

 

ですが! 予想どおりカンカイの猛攻です。朝早くからカンカイ・カンカイ・カンカイ…。

 

「こんなのありですか?」と言うほど、カンカイの猛攻に襲われます。

今日はイカを持参していません。ですからエビは格好のカンカイのお食事に…。

 

防波堤のカンカイ釣りは、昼までに全体で20本も釣れていなかったようです。

 

鮭が1本バレて1本釣れていました。私にしてみれば鮭の方が嬉しいので、少し遠投して鮭釣りを試みていたのですが、釣れませんね!

 

 

カンカイ釣りに慣れっこになっていませんか?

どうせカンカイだろうと合わせを怠ると、カラフトマスや鮭の当たりでの合わせが小さくなりバラシの原因にもなります。

ですからカンカイであってもしっかりと合わせを入れましょう。

 

今日も、隣の釣人や他の人がそれが原因でばらしているのを見ましたよ!