オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

カラフトマス定置網漁の様子から推測。確実に漁獲量が増えてきていると思います。



スポンサードリンク




こんにちは、モンユウです。

 

台風の行方が気になります。予想以上にスピードが遅いようで、同じ場所で雨を降らせていると言う特長があるようです。

 

去年もこの今時期に紋別地方は大雨で大変でした。この事がどう影響したのか、カラフトマスは豊漁で、釣りに関しても随分と楽しませてもらいました。

 

現在、藻鼈川河口が砂で埋まっていて、カラフトマスは一切遡上出来ない状態にあります。

河口まで回遊してきたカラフトマスは。行き場を失ってせいぜい紋別港内に入り込むか、河口近辺をうろついてすぐ近くの定置網に入り込むしかないでしょう。

 

 

 

紋別カラフトマスの今後

「釣れるのか釣れないのか?」…少しこの先を考えてみましょう。

当然、カラフトマスの河川への絶対回帰数がどの程度なのかによるところが大きいと思います。

今現在の河口の流れ出しに集まっているカラフトマスは、まださほど多くは無いのでこの状態を維持できていますが、これが多くなってくると今のままではいけません。当然移動せざるを得なくなってきます。

 

例年川に遡上させるために、お盆時期に網揚げと言ってカラフトマスの定置網の袋網の部分を締めてカラフトマスが網に入らないようにするようにしています。

この間、河口部分が砂で閉じられていたのでは、網揚げが意味の無い物になります。ですから当然埋まっている河口を重機で開ける事になるでしょう。

 

当然の行程ですから、この期間が重要な要素となってきます。本当に河口をあける時期と網揚げのタイミングで決定されると言っても過言ではないでしょうね!

 

ですから結論は先送りとなります。様子を見ながらでないと判断できません。

 

 

 

カラフトマス状況

日々カラフトマスの回遊数は増えては来ています。

カラフトマスが河口に来遊してすぐのものは青く緑がかって見え、それが数日でその色が変わってきます青みが消えてきます。

群れの中にどの程度の割合でその青いカラフトマスがいるのかで、ある程度判断することができるのです。

 

群れを見る時は、そのような点を意識しながら見るのも楽しいのではないでしょうか。

 

今日の朝の河口では釣人が多かったですね。見ている範囲ではカラフトマス1本釣れていましたがいまいちですね。

f:id:turikichijob:20170805153531j:plain

 

 

これは河口のすぐ近くにあるカラフトマスの定置網の漁の様子です。

f:id:turikichijob:20170805153611j:plain

これを見てどう判断しますか? 私は、確実に昨日までよりは漁獲量が多いと思います。帰港する時間も遅かったです。

 

f:id:turikichijob:20170805153637j:plain

 

河口を開けていました。

f:id:turikichijob:20170805155304p:plain

 

 

 

紋別港チカ・カンカイ

カンカイにつきましては、昨日も言う事なしで釣れています。今年に関してはいつまでカンカイがいるのか全く不明です。

秋のオオマイになるよう育ってくれたら嬉しいのですが。

 

f:id:turikichijob:20170805154131j:plain

 

チカにつきましては、一時釣れていた時もありましたが少し落ちてきたようです。