オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

あの人はなんで釣れているのか? それは遊動式のウキを使っているからかもしれない



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

いよいよカラフトマスが釣れたとの情報があがってきています。

まだ実際に見てはいないので確実なところを把握していませんが、マス網にも入ってきていると言う事です。

 

漁師さんの話では、今年のカラフトマスは大きいとの事です。漁師さんが大きいとびっくりしているぐらいですから大きいのでしょうね!

まだこの時期でカラフトマスの数を云々するのは早計かもしれませんが、去年は不漁年との予想に反して紋別近辺は豊漁で、釣果も最近に無く釣れました。

そんな事もありますから、一概に予想だけで判断はできませんが、そろそろカラフトマスの群れを目視できる時期になってきましたよ。

 

さて昨日は釣り仲H君流石です、しっかりと釣ってます! カラフト釣れたとの連絡を貰いました。

 

 

カラフトマス釣りからの注意点

昨日朝カラフトマス釣りをしてみましたが、何と釣れたのは『カンカイ』

いつもの年で有れば『ウグイ』なんでしょうけれども、それにも増してカンカイが多くて引くのは殆どがカンカイのようです。

 

昨日は私は偏光メガネをかけていなかったので良く見えていなかったのですが偏光メガネをかけている人にはウキの近辺ばかりでなく一帯にカンカイの群れが泳いでいるとの事です。

『どうしましょうか?』『どう攻略しましょうか?』

 

普通はきわを狙うのですが、きわにはカンカイですから、それを避けて少し遠くに投げておくしかないでしょう。

 

それと、これから釣り人が多くなってくると、ことさらにコマセを打っている状態になる訳ですからカンカイに邪魔をされるのは目に見えます。

出来るだけ其の状況下を避けるしか方法はありませんかね!なるべく釣り人の少ないところを狙うのが妥当かもしれません!

 

 

 

今日の紋別港釣り情報 カンカイ

どこに行ってもカンカイが釣れているのですが、その中でも釣果に差が出てきます。

これから、夏休み期間に子供を釣りに釣れてくる機会もあるかと思いますが、カンカイ釣りは最高の思い出作りになるかもしれません。

簡単に子供でも釣れるので今となっては厄介者扱いになりつつありますが、ここでカンカイの名誉回復が出来るかも知れませんね!

 

今日の第2埠頭は釣り人がいっぱいいましたよ! カンカイは釣れています。

f:id:turikichijob:20170726095005j:plain

 

 

こんな仕掛けも用意!

カラフトマス、鮭用のウキふかせ用遊動仕掛けです。

さて、カラフトマスや鮭釣りでタナで苦労する事があるかと思います。

中にはどうしてあの人ばかり釣れるのかなと感じた事はありませんか? それも如何にもタナが30㎝のように見える浅タナで。

 

しかしこれにはしっかりとした裏付けがあります。その釣り人は遊動式のウキを使っているのです。

そのタナは、本人しか分かりません。どこでウキを止めているのかは海中では見る事ができませんが、作った本人はそのタナをしっかりと把握しているはずです。

 

直接タナをその釣り人から聞く事が出来れば問題ないのですがなかなか教えないのが釣り人根性!

したがってそれは自分で見極めなくてはいけません。そのためにも次の様な写真の仕掛けを製作しておくべきです。

 

このタナ調整仕掛けは最高4mまでできるようにしてあります。

f:id:turikichijob:20170725144153j:plain

 

いつでも交換できるよう私は4セット用意しています。

f:id:turikichijob:20170725144222j:plain