オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

地元釣り師によるカンカイ釣り奥義公開【動画】



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

昨日は雨の中ブリ釣りに行ってきました。ブリの反応がほとんどなく、船内3本と言う貧果に終わってしましましたが、何とか私は1本を釣りあげる事ができて今年購入したブリ竿に入魂出来それだけで満足でした。

 

 

紋別(地元)釣り師のK氏によるカンカイ釣りの奥義を公開

※これは本人の了解を得て動画を公開しています。

 

 

youtu.be

 

ご覧になってどう思いますか? 単純に考えてみても不思議ですよね! 合わせを入れてハリ掛かりしているのを確認しているのに又竿を竿立てにおく。そして別の竿の方を巻き上げる。

 

これはいかなる事によるのか、本人に確認したところ、先日も当ブログで説明しましたが紋別港での夏カンカイ釣りにおいては数釣りが目的なので『ニシン釣りサビキ仕掛け』によるカンカイ仕掛けを共有しています。

 

針数は本来のニシン釣り仕掛けの針数より減らして多くても6本にしています。

さて動画のK氏は先ず投げ入れて着底するや否やカンカイが引いているのが分かると思いますがそこで軽く合わせを入れて、それも数回合わせを入れるのを繰り返しそれをさらにそのまま竿立てに立て架けると言う摩訶不思議な行動をとっています。

 

これが 数釣りの極意なんでしょうね。

たまたま個の動画中のカンカイは数釣りになっていませんでしたが偵察中にはカンカイ6本掛けが何度もありました。

 

カンカイ釣りを単純に楽しみたいのであれば柔らかい竿を1本、針数も1~2本でルアー感覚で釣るのも良いでしょう。

 

 

これはあくまでも今時期のカンカイ釣りに対応していると言う事も付け加えておかなくてはいけません。

 

秋、初冬のカンカイ釣りでは当然このような釣りはできません、先ずカンカイの大きさが違います。針は多くても3本で、3本すべてにカンカイがかかるとカラフトマス1本位の引きがありますよ!!

 

 

 

今日の紋別港内釣り情報

昨日は朝からブリ釣りに行って港内の偵察ができませんでした、雨もきつく何より睡魔が襲ってきて昨日はパソコンのキーボードに手をのせたまま寝ている時も!!

 

さて今日は、朝4時半過ぎに紋別港偵察に行ってきました、紋別港第3埠頭・紋別港第2埠頭どちらも満開です。

カンカイの遊泳する数は数知れず、ゆうに億単位のカンカイが遊泳しているのではないでしょうか?

地元の釣り師もいい加減飽きてきているようですがそれでも毎日通ってカンカイ釣りしてますよ、ただ真剣さが不足していますが!!

地方から来ている釣り師にはこの上ない面白さがあるようで真剣になって釣っています。

f:id:turikichijob:20170626080906j:plain