オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

紋別港第2埠頭岸壁は今日もカンカイ釣りが大盛況



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

 

昨日はサビキ仕掛けでのカンカイ釣りを堪能してきました。

私は塩イソメを使用していたのですが、隣で釣り仲のN氏が生のイソメを使ってのカンカイ釣り。

これには、明らかに差がある事を感じました。

N氏もサビキ仕掛け6本針でしたが、釣れるカンカイはほとんどが5~6匹。針数6本すべてにカンカイ、こいのぼり状態で釣れる事がしばしばありました。

条件、生と塩イソメではどこがどう違うのか?はっきりした事は分からないけれども、確かに違う、何かが違う!!

塩イソメでも釣れない訳では無く、生イソメの70%位の釣果でしょうか!!

今度は生のイソメで挑戦してみましょう!

 

 

 

朝4時半の紋別港第2埠頭偵察

小雨の中、紋別港第2埠頭岸壁には岸壁70%位は釣り人で埋まっています。

当然カンカイ釣れています!どれだけの量のカンカイがいるのでしょうか推測すら不可能です。紋別だけと言う事でもないようで海岸線全てがカンカイだらけのようです。

昨日も釣り仲T氏が真ガレイが釣りたいと言う事でオムサロ原生花園の砂浜に釣りに行ったところやはりここもカンカイで埋めつくされていると言う感じらしいです。

 

さて、この紋別港第2埠頭で偵察していて偶然マイブログの閲覧によって紋別のカンカイ釣りに来たと言う滝川からの釣り人にお会いして、カンカイの釣り方や調理の仕方などを説明してあげました。

地元の釣り氏はある程度釣ったら帰りますが、折角地方から来ている釣り人にとってはこの上ない釣果となる事でしょうから、楽しんで行って下さい!!

 

 

これで朝の4時半過ぎの釣果ですから、昼まで釣りとなるとこの3倍近く釣れると思います。

でも疲れますよ!!

 

 

f:id:turikichijob:20170624092514j:plain

 

 

こんな具合に釣れるのですが、針6本すべてにカンカイと言う事も時々ありますよ!!

 

『こんなに釣れるんだ!!』なんてびっくりしているのと同時に、呆れているようでした!

こんなチャンスは滅多に無いので堪能して行ってくださいね!

f:id:turikichijob:20170624093029j:plain

 

 

 

見る範囲釣り人で一杯です、でも堪能した釣り人いい加減に釣るとお帰りするんですね~~~!!

ですから意外に釣り場所は適当に空きがありますよ!

f:id:turikichijob:20170624093028j:plain

 

 

この偵察時間は皆さん頑張って釣っていましたが、ある程度満足すると引いていてもなかなか竿を揚げなくなります、『もう面倒臭がって・・・!!』

 

 

f:id:turikichijob:20170624093027j:plain

 

本当ならば竿1本でハリも1本で柔らかい竿で、且つ重りも10号位で、本当にライトタックルで釣るのが面白いのかもしれませんね。

沢山釣ったからこそ言える事なんでしょうがね!

今日も後で生のイソメを買ってきて、また釣りに行ってきましょうかね。

昨日釣ったカンカイは全てさし上げました。ただ、餌代がバカになりませんね!

 

遊びにお金をかけているのだから、安い物かな!!