オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

カンカイ襲来! 海がカンカイで覆い尽くされているとは正にこのこと。



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

昨日の気温は20℃に達していませんでしたが快晴だったので久しぶりにスカッ!!とした天気でした。

暫く天気の方は安定しているようなので、土、日の遠征も天気に恵まれそうなので一安心しています。

 

 明日はカレイ釣りに行く予定です(船)。

 

 

紋別港釣り情報

昨日は、朝紋別港偵察には行きませんでしたが、朝のニシンは釣れなかったようです。

私が午後の3時過ぎに偵察に行ったところニシン釣り場には釣り人が2人いたのですが、1匹も釣れていないとの事!!

ここ数日ではありますが、朝の入れ食いがあっても、あるの一定時刻(大体8時過ぎ)にはニシンの反応が全く無くなってしまうとの事です。ですから午後には地元の釣り人はほとんどいません。

昨日の偵察では、ニシン釣りの釣り人のサビキ仕掛けにかんかいがかかっていました。ニシンが0匹でカンカイが10匹、これはどうした事か?

 

さて今日の朝の偵察釣り情報です。

 

残念ながらニシンは朝全体で1本と淋しい物になっています。

其の分、カンカイが釣れています。写真のカンカイは紋別港第2埠頭朝6時ころの釣果ですがこれでも昨日の半分位だと言っていました。

 

 

 

f:id:turikichijob:20170614090346j:plain

f:id:turikichijob:20170614090414j:plain

 

 

こんな釣り方もあるんですね!!

f:id:turikichijob:20170614090442j:plain

 

カンカイの群来か?

昨日の沙留の偵察でも感じたのですが、釣り人が5人いてぽつぽつとカンカイが釣れると言うのではなく全ての釣り人、すべての竿にあたりが、餌がついている竿全てにあたりがあると言う事を考えてみると、これは中途半端な数では無いでしょう!!

それも沙留だけと言う事では無く一帯の海がカンカイで覆い尽くされていると言った感じです、もとより昨日は一昨日までの時化で海が多少濁っていてカンカイにとっては最高の状況下、一斉に餌を求めて岸寄りしたのでしょうね!

産卵に来ている訳ではないのでニシンの群来とは違いますが海の中を見たいものですね。

 

さ~て!今日はカンカイ釣りに行ってみましょう!

でも今日の海は濁りはとれてカンカイがいなくなっているのでは!

 

 

我が家にも春~夏、庭の花も果実も遅れていますが何とか!

毎年サクランボがなるのですが、今年も何とか食べるだけ出来そうです。

f:id:turikichijob:20170614090605j:plain

でも毎年、このサクランボはスズメさんとカラスさんの食料になっているのでシェアーしたいと思うのですが、毎朝屋根の上にカラスの一家4羽で来て交互にサクランボの木からサクランボをとってきて屋根の上で食べます。其れが静かならいいのですがこのカラス一家屋根を歩く際の足音がうるさくて寝ていられません。そして、うるさい声で鳴くのです、『いい加減にしてくれないかな!!』カラスがサクランボを咥えるのに一個だけではなく2個、3個と咥えていきます。

後は、スズメが一番熟した美味しそうなサクランボを突っ突いて穴をあけて次から次と食べていくのですが、どれも中途半端に穴をあけていきます!『どうにかなりませんか?』

何事もシェアーですかね!!

 

我が家の芍薬つぼみも膨らんで後1週間で咲くかな?

f:id:turikichijob:20170614090635j:plain

                      以上。