オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

ブリの回遊コースは海水温に関係がある? 検証してみました。



【スポンサードリンク】




 

 おはようございます、モンユウです。

 

今日の紋別の天気予報では気温は20℃を超えるようです。

 

 

 

 

今日の紋別釣り情報(チカ・カンカイ)

土、日は少し天気が悪いようです、先日釣ったカンカイちょうどいい具合に干せて早速今日食べましたが、半年ぶりのカンカイを堪能しました。

昨日はカンカイがそれほど釣れていませんでしたが今日の朝(4時半)は入れ食い状態でした。チカは小さいのが多少です。

f:id:turikichijob:20170609095201j:plain

 

 

 

 

 

海水温からブリ回遊を推測してみると。

次の上下の海水温図の計測月日は違う事と海水の温度を計測する深さが違いますが、上の海水温図で推測してみます。(以降海水温図を比較掲載してみます。)

現在のところブリは日本海留萌近辺まで北上しています。数日快晴状態が続くと海水温も上昇して稚内近辺まで来ます。ここで一つ判断できない事があります、海水温から考えることと、現在知床近辺とかウトロ近辺の定置網にはブリが入っている事実が海水温とどう関係があるのかこの図から推測できません。

一般的にブリは暖流の対馬海流に乗ってそれが稚内の宗谷岬を回って宗谷暖流となってオホーツク海を南下すると考えられています。知床近辺でそれが釣れるとなると稚内をすでに通過していると言う事なんでしょうか?

推測条件を少し変えてみるともし、ブリが太平洋を回って釧路、根室を回って北上しているとしたらこのような事は考えられますが海水温とはあまり関係ない事になります。

 

 北海道周囲での海水温は上の図で緑部分が現在のブリの回遊コースと考えられます。

黄色部分があるとすればそれは間違いなくブリ回遊コースなんですが今のところ発生してはいないようです。

 現在海水温が10~13℃位のところを回遊しているようです。オホーツク海でも沿岸近くではその海水温帯はありますがブリ回遊コースは大体水深50~65mですから、この部分がその海水温になれば回遊数も多くなると思います。現在まだオホーツクでのブリ釣りは試験釣行はしていても本格的な釣行はしていないようです。

オホーツク海全体が緑色になればブリ釣りも本格的なものになってきます。

今後それを注視しながら考えていきます。

海水温図のオホーツク海の6℃の等温線が10℃になればもう完全OKと思います。

 

日別海面水温

 海流・表面水温

 

 

現在、オホーツク海はまだブリ釣りは早いようですがすぐにその時期がやって来るので用意だけはしっかりとしておかなくてはいけません。

現在遊漁船は、カレイ釣りで賑わっています。数年カレイが釣れなかったのですが今年は釣れています。もしカレイ釣りに行くのであれば、ブリ釣りの用意もして乗船すべきです。いつ反応があるか分かりません、すぐに対処できるようにしておくといいでしょう。     

 

                      以上。