オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭をすくうのに最適なタモ枠のサイズついて考えてみました【検証】



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

朝の気温5℃・・・

 

寒いです・・・。

 

 

 

 

 

 

今日の紋別港釣り情報 6.5(カンカイ釣り)

 

紋別港第2埠頭偵察に行ってきました。

 

チカが多少!

思いがけずカンカイ(コマイ)が釣れています、釣り人が釣りを始めて間もなくカンカイが・・・ちょうどそれを見ていたので少しの時間偵察をしていました・・・。

竿1本なのですが・・

カンカイが調子いい具合に釣れています、少し小さいのですが位置や干しにして食べるにはちょうどいいかも知れません。

f:id:turikichijob:20170605090652j:plain

f:id:turikichijob:20170605090720j:plain

 

 

ちょうど見ていた時に釣れた1匹です。

f:id:turikichijob:20170605090744j:plain

 

その後10分たらずに・・・。ちょうど群れでも来たのでしょうか?

 

f:id:turikichijob:20170605090809j:plain

 

 

 

 

今日は釣り道具(タモ枠一種について)

 

 

このタモ枠は、直径70センチのタモ枠です。(ホウムラから販売されています。)

70センチのタモ枠…最近は普通に80センチのタモ枠が売られているので少し小さいかと思われるかもしれませんがカラフトマスをすくうには充分です。

 

 

鮭をすくうにはどうでしょう!!

 

60センチですと鮭には少し小さいです。70センチはちょうどいいかもしれません。写真では全てがカラフトマスなので大きくても体長60センチのカラフトマスには枠が余っている感じがしますね。

でも『大は小を兼ねる!』として考えると、カラフトマスを釣っていて鮭がかかる事もある訳ですから、これで十分と言う事が言えるでしょう。

 

f:id:turikichijob:20170603140135p:plain

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20170603140507p:plain

 

さてこのタモ枠は、真ん中の左右にねじがついているのが分かると思いますが、これはタモをしまう時に半分にたたむ事が出来、車にしまう時に場所をとらない利点がある事と、さらに釣っていていざすくう時タモ枠に角度をつけておく事で少し高い防波堤から鮭などをすくう際楽にすくう事が出来る利点があります。

 

 

カラフトマスや鮭のタモ入れはこの種の釣りの集大成!!

タモ入れの時にばらす事がしばしばあります。

何故ばらすのか?

 

それは、はっきりしています。

当然、ハリの掛かり場所が悪くてハリが外れたりする事がありますがそれはどんな事をしても外れます、最初から釣れないであろう魚です。

 

それはさておいて、純粋にタモ入れの最中に逃げられるのは、魚をタモで追いかけたりして魚にタモ枠が触った時に魚は何倍もの力で暴れます。その時にハリがかかっていた部分が切れバラシという結果を引き起こしているのです。

その事を少しでも減らそうと考えるとやはりタモ枠が大きくて、一挙に魚をタモに入れる事が出来る方が有利であろうと思います。

 

それには、まっすぐのタモ枠では無く少しでも角度の付いたタモ枠の方がすくう作業で枠や網が海水の抵抗を考えなくともいい訳で手返しが早いという点でも

いいと思います。

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20170603140604p:plain

 

 

 

 

 

釣れた鮭をすくうには普通、近隣の釣り人や釣り仲に手伝ってもらうのが普通ですが、このときでも・・・すくってもらうと言う考えは好ましくない気がしています。

釣った本人がタモの中に鮭を誘引する・・・、これがベストのタモ入れ技術であると自負しています。

 

自分一人で釣ってタモ入れしてみてこの事を実践してみてはいかがでしょうか!!

鮭の顔が水面から出るようになった時にタモを海面すれすれに入れておきそれに鮭を誘引する方法です。

 

以上です。