オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭とカラフトマスの違いに言及。様相と性格で考えてみた



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

 

昨日は久々に暖かく、着る服も一枚少なくして過ごせました、二日前はセーターが必要だったんですよ!!

 

 

 

 

 今日の紋別港釣り情報

今日は昨日に比べるとひんやりしていますが、過ごしやすいです。

さて紋別港第2埠頭のチカ釣りは少しチカが小さいのですが釣れていますよ!!

 

 

f:id:turikichijob:20170531100611j:plain

 

写真の中央にチカののぼりがありますよ!

f:id:turikichijob:20170531100711j:plain

 

 

 

 

 

 

カラフトマスと鮭

君は カラフトマスなのか? それとも、鮭なのか?

次の写真①~④でカラフトマスと鮭を区別出来るでしょうか?

当然、カラフトマスや鮭の釣りをしている釣り人にとっては簡単すぎる事かもしれませんが、本州の人やこの類の釣をあまりしない釣り人にとって、岸寄りして間もないギンピカのカラフトマスや鮭の区別は難しいと思います。

 

 

鮭はどれ?

 

 

 

 ①

f:id:turikichijob:20170529154115p:plain

f:id:turikichijob:20170529154222p:plain

f:id:turikichijob:20170529154533p:plain

f:id:turikichijob:20170529154816p:plain

 

 

 

正解は①の上の魚と④の2本が鮭です。他の魚はすべてカラフトマスです。

 

①で説明します、上と下を比べてみて先ず大きさが違いますね!でも大きさだけでは分からないのです。

一応、鮭は60~85㎝ 3~5kgでカラフトマスは50~60㎝で重さは1.5~3.5㎏ですがあくまでも参考で、この枠から外れている魚体の物もあります。

ではこのギンピカ状態の魚では何処を見て比べるかと言いますと・・・尻尾(尾ひれ)に斑点があるのがカラフトマスで、無いのが鮭です。これで区別ができます。

それと、目の黒目の部分の大きさがカラフトマスは小さく鮭は大きい、伴ってカラフトマスの顔はちょっとやんちゃな顔をしていますが鮭は比較的やさしい顔をしていると思います。

 

これが、岸寄りして時間が経過するとハッキリと違いが出てきて区別が明確に出来るようになります。特にオスのカラフトマスはセッパリと言って背中がもり上がってきます。メスは、側線に沿ってツートンカラーになります。今問題にしている事はあくまでもギンピカ状態の時と言う条件での違いです。

 

違いは分かりましたか?

 

②では尾ひれの黒点ですぐに分かると思います。

合わせて黒目の大きさやセッパリの状態で判断つきます。

 

③ではすべてカラフトマスです。・・・しかしこの中で雌雄の区別がつきますか?

メスは上から1本目と3本目です。2本目と4本目ではすでに微かにですがせっぱってきているのが分かると思います。見た目だけではこのギンピカ状態で区別がつきにくいと思います。

④は鮭です。・・・第一鱗の大きさが違いますね!!

 

さて、魚の区別が出来たところで、性格はどうか?

 

正確的にはカラフトマスの方が顔から見ても分かるように聞かないです、海の中でもどう猛にアタックして餌を獲っているのでしょう、その点鮭は比較的おっとりとしていてウキ釣りをしてみていると餌の喰い方がお淑やか(個体によって違いはあります。)です。近辺の魚類の王者として君臨している訳ですから当たり前ですね。

釣りにおいても楽しませてくれる度合い、方法が違います。

鮭は重い引き方をしますが、カラフトマスはどちらかと言うとニジマス何かと似ています、兎に角タモ入れしても最後まで抵抗します。

 

引きで好き嫌いの差は出て来ると思います…。どちらもそれなりに面白いです。

 

 

後一月半でカラフトマスシーズンがやってきます・・・。用意はいいですか?