オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

鮭釣りの裏極意…それは釣れている人の真似をすることと見つけたり



【スポンサードリンク】




おはようございます、モンユウです。

 

昨日の午前中は寒かったけれども、朝のチカの釣れた状態を見て・・・・釣り仲T氏がチカ釣りをしていたので、仕事を済ませて10時過ぎに偵察に行き・・・・なんとT氏の竿を借りてチカ釣りを1時間ほど楽しんできました。

 

自分の喰いぶち分のチカ30匹を貰い受け終了。

 

 

 

 

今日の紋別港チカ釣り情報

水温8℃、昨日の午後から雨模様、時々雨、時々曇り安定しない天気です。

 

 朝4時半霧雨が降っていましたが、本日ニシン釣り場に直行。

f:id:turikichijob:20170528074133j:plain

この後、私と釣り仲T氏の3人でニシン釣り・・・。

 

小ニシン、キュウリウオは多少釣れますが肝心のニシンがさっぱりと・・・。

 

少ししてT氏がニシンを足元でヒット・・・。

 

すると私にもやはり足元でニシンがヒット・・・。

 

2人で合わせて2匹・・・。

 

7時に諦めて私は終了・・・・。家に帰ってきて朝飯を食べているとT氏から電話!!

 

『アメマスが釣れた!!』と・・・。

皮肉なもんです、私が帰ってから・・・。

 

 

 

 

 

鮭釣り回顧…滅多にない鮭釣り

さて、下の写真は2012/9・28の鮭釣りの釣果分なのですが、これがどこの釣り場であるかと言いますと、何と紋別港の内港です。

この釣り場はいつも鮭が釣れる訳ではありません、いつも鮭がいる訳でもありません!!

何故釣れたのか?

難しい事ではありません、たまたま鮭が港内奥まで入り込んできたためです。

仕事の合間に、ちょいと港内の偵察にと車を走らせていた時、港内で鮭かどうかは分からなかったのだけれども、跳ねを見つけ凝視していたところ・・・『鮭と判明!!』

 

 

この時まだ仕事中だったので、急いで、慌てて仕事を済ませ・・・その釣り場と言うよりその場所に向かうとまだ跳ねています…釣り人が一人いましたがその状況を感じ取っていなかったようで釣れてはいませんでした。

しかし、その状況を過去の経験から合わせ読み取り、どう釣るかを即座に考え実釣!!

 

どうしたかと言いますと、タナを通常の1.8~2mを思い切ってちょい深くして3mに・・・。

するとすぐに結果が出ました。

 

連続・連続・・・。あっという間に10本以上釣れました。タナを深くして釣りましたが,ほかの釣り人には深タナのフカセ釣りはあまり経験がなかったようでなかなか釣れないようでしたので、釣り方を教えてあげましたが今一のようでした。

 

この深タナの釣りでは、鮭のひきが極めて小さくウキが海中に入り込むことはまれでウキが遊んでいる状態がひいている時です。

そんな時は思い切って合わせてみるといいと思います。

 
 
 
釣れている最中、釣れた鮭の始末をしていてたまたま仕掛けを足元に入れておいた時に
…なんとそれにもヒットする状態でした。
 
この時餌は、意識的にすべて『黒エビ』を使用して釣りました。 
それが功を奏していたかどうかは分かりませんが、差になった事は確かでしょう。
 
釣人も少し増えてきましたが、難しかったようで釣れてはいなかったようです。こんな時は、釣っている釣り人の『真似』をするのが一番ですよ~~!!