オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

カラフトマス・鮭釣りの待ち伏せ釣りには海底を知れ!



【スポンサードリンク】




おはようござい、モンユウです。

 

 

昨日は気温10度に達しませんでした。もう6月なんですよ!!気温も低い、水温も低い・・・!!

今後の3か月予報ではこれからの3か月暑くなるような事を言っておりましたが、『オホーツクを除く!!』なんてことは過去に何回も経験しています。せめても普通であって欲しいと願うばかりです。

 

 紋別港チカ『本日開店!!』

 

 

今日の紋別港チカ最新情報

朝4時半に偵察に行った時は釣れていませんでしたが、第2段8時半に紋別港第2埠頭偵察。

 

なっ!なんと!! チカ釣れていますそれも複数かかり!!

本日、朝からチカの『いらっしゃい~!!』です。

当分チカ釣りで楽しめそうですね!!

f:id:turikichijob:20170527091735j:plain

f:id:turikichijob:20170527091804j:plain

f:id:turikichijob:20170527092636j:plain

 

 

ヤリイカまで釣れていました。

f:id:turikichijob:20170527091911j:plain

 

 

f:id:turikichijob:20170527091702j:plain

 

最近の紋別港釣り情報

紋別で今現在間違いなく釣れるのは・・・いますよ!!

 

それは、蝦夷メバル、一般的には『ガヤ』と言っています、港内の埠頭の岸壁の昆布近辺にガヤが住みついています、それも港内全体に・・・一見小さいと思うかもしれませんが、浅い所に見えているのは確かに小さいですが、さらに深く海底すれすれあたりには大きなガヤの影が微かに見えます。まだ実戦していませんがその中にはソイもいるのではないかと思います。

 

釣る気になったら釣れるはずです、私ではありませんがいたずらでニシン釣りのサビキを岸近くで垂らしてみるとガヤが複数釣れていました。・・・いくら釣ってもいる気配です!!

 

 写真は、港内の奥にある防波堤です。この場所だけが釣れると言う訳ではありません。

去年ぐらいから、このガヤが増えて4月頃には姿を見なかったので居なくなったのかと思っていたら、5月になって急に現れました。ロックで釣りを楽しむなら十分楽しむ事が出来るでしょう。ウルトラライトタックルなんかで釣ったら面白いでしょうね!!

f:id:turikichijob:20170526130923p:plain

f:id:turikichijob:20170526131224p:plain

 チカが釣れ始めたので・・・この記事は必要ないかな?

 

 

 

 

さてカラフトマスと鮭で回遊コースの違いはあるか?

普通カラフトマスと鮭の泳ぐ位置の違いを考えた事はないと思います。

 ①写真中の黒の点線は海底の海藻やコンクリートの隆起物による段差になっているところです。点線より上の部分が深くなっています。

f:id:turikichijob:20170526135237p:plain

 

②  さてカラフトマスは何処を主に泳ぐかと言いますと右からコースか左からコースによって多少の違いはありますが大体上の写真の点線を挟んだ部分を回遊します。ですからカラフトを待ち伏せするにはこの2重線の内側となります。(確信度85%)

f:id:turikichijob:20170526135530p:plain

 

 

③では鮭の回遊コースはどうかと言いますと、三重線により二つに分けられたの下の部分の確信度は50%、 上の部分は  90%以上。

f:id:turikichijob:20170526135754p:plain

 

④ 納得するかどうかは実戦で確かめてみてください。カラフトマスは鮭より少しですが浅い部分を泳ぎます。逆に鮭は深い部分を泳ぎます。

f:id:turikichijob:20170526131606p:plain

 

 

以上の事から、カラフトマスと鮭を待ち釣りするには何処で待ち伏せするかそれは防波堤と平行では無いのです。海底の障害物や隆起物など海底の変化が大きく関係しています。釣るためには、先ずは海底を知れ!!と言う事から出発です。

 

*これらはあくまで個人的認識、見解ですので間違いがありましたらご勘弁ください。