オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

マス・サケ釣り必需アイテム「タモ」について解説する



【スポンサードリンク】




おはようございます、モンユウです。

 

今日は気持ちのいい日和!

体の軽さを感じますね、となると何が釣れるのかな~!

 

 今日の最高気温…予想25℃『ちょっと暑すぎ!!』

 

 

 

今日の紋別港釣り情報

朝の紋別港偵察は人釣り場では釣り人5人、暫く遠くから眺めていたのですが数匹釣れていました。大きな群れは、どこへ!!

 

f:id:turikichijob:20170518055848j:plain

 

 

 

 

第2埠頭チカ釣り人がいました。

 

f:id:turikichijob:20170518055925j:plain

f:id:turikichijob:20170518055939j:plain

 

 

 

タモの柄とタモわく・網について

タモの柄につきましては、5~7mの物を用意します。その際出来ればタモの柄の先部分が出来るだけ硬く波や風に負けないはりのあるものを選ぶ事です。

 

タモの柄だけで売っている物もありますがそれは大体メーカー品なのでシマノやダイワの物ですとそれだけで4万円以上します。

 

タモの柄だけでそんなに高い物を用意するのは一般的には大変ですよね!!

 

そんな時どうするかと言いますと、三流品のタモとタモの柄セットの物で7~8mの物を購入します。そこで普通の釣り場では6mもあれば十分ですので一番先の1本をつめて(中に押し込んで)テープを巻き動かないようにします、そうするといい具合に重さも出て、硬さも増します。

 

完全とは言えませんが、5千~8千円で済ませる事が出来ると思います。

ここでセットのタモを買いますとタモの柄とタモがセットなんですが、タモの部分が折りたたみになっているのはいいのですが、大きさが少し小さいので鮭をすくうには苦労します、直径60~80㎝出来れば80㎝のタモ枠が有利です。

 

ですからセットのタモ枠は必要ありません、別買いしなくてはいけませんがこれは用意してほしい物です。

 

タモ枠は、ステンレス製とアルミ製があります。

ステンレス製でも枠が空洞の物と1本物の枠がありますが1本物は強いですが重いので操作に難点があります、出来れば避けた方がいいでしょう。

 

 

アルミ製はほとんどが空洞になっています。

折れる危険性もありますが、一番使いやすいです。

 

 

アルミ80㎝

f:id:turikichijob:20170517142222p:plain

 

アルミ80㎝

f:id:turikichijob:20170517142444p:plain

 

アルミ80㎝

f:id:turikichijob:20170517142748p:plain

 

 

 

アルミ60㎝

f:id:turikichijob:20170517142314p:plain

 

アルミ60㎝

f:id:turikichijob:20170517142902p:plain

 

 

折りたたみ可能のタモ(直径70㎝)

f:id:turikichijob:20170517143101p:plain

 

 

ステン70㎝(折りたたみ式)

f:id:turikichijob:20170517143159p:plain

 

 

具体的にタモのみの写真を掲載します。

 

カラフトマス・鮭釣りに使うタモですが、すべて使っている訳ではありません。

 

 

これは、直径60㎝アルミ製

主にカラフトマス釣りに使います・・・使いやすい!!

f:id:turikichijob:20170517205028j:plain

 

 

直径80㎝ステン製 少し重いけれども、鮭釣りに使っています。

f:id:turikichijob:20170517205055j:plain

 

 

直径80㎝アルミ製・・・軽くて使いやすいけれども一人でタモ入れするには軽すぎます。

f:id:turikichijob:20170517205124j:plain

 

直径80㎝ステン製・・・釣り仲が作ってくれた手製のタモです。タモ枠並びにタモ網も手製・・・網は釣り仲が編んでくれました…すごいですね私にはできません!!

f:id:turikichijob:20170517205145j:plain

 

 

直径70㎝ステン製折りたたみ式とタモ枠

f:id:turikichijob:20170517205211j:plain

 

 

 

ある程度タモを使い分けしています、釣りに行く時はタモの柄とタモはいつも2セット持参しての釣行をしています。(過去に一つしか持って行かないで、それが壊れた時に釣りにならなかった事がありました。)

 

 

なぜ、直径80㎝か?

60~80㎝であれば問題ないのですが、80㎝のタモ枠ですくうとバラシが少なくて済みます、小さいと魚にタモ枠が少しでも触ると魚が暴れてバラシが多いです。

確かに車の中に入れるには少し大きすぎますが、一人ですくう時は・・・80㎝ですね!!