オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

たくさん釣り上げるあの人のようになるには? 鮭釣りバイオリズムを掴みとれ!



【スポンサードリンク】




おはようございます、モンユウです。

 

今日からは、気温も上がって少しは夏近しを味わう事が出来ますかね!

   

 

 

今日の紋別港釣り情報

朝紋別港偵察に行ってきました、何とニシン釣り場の釣り人がたまたまなんでしょうか少ない!

では、ニシン釣りおじゃまします~!

 

案の定…釣れてはいないようです、何とかニシン1匹釣りましたが、後は小ニシン少しとチカが少し。今日のお持ち帰りのエモノは無し!!

 

7時前に終了。

 

 

帰りに紋別港第2埠頭を見に行ってきましたが釣り人はいませんでした。

停泊している船は、広島からのホタテ貝殻運搬船、下記の養殖用のホタテ貝殻です。

f:id:turikichijob:20170517090720j:plain

 

 

 

藻鼈川河口堤防先端に釣り人がいたのでちょっと偵察に行ってきましたが、釣果は小カンカイ2匹と言う事でした。

f:id:turikichijob:20170517090752j:plain

 

 

藻鼈川河口が砂で塞がっています、その分毎年の事ですが川の反対側に川水がこの堤防の下を流れ出ています…そのうちこの堤防崩れるのではと不安ではありますが!!

f:id:turikichijob:20170517090813j:plain

f:id:turikichijob:20170517090904j:plain

 

 

完全に塞がっています。

f:id:turikichijob:20170517090930j:plain

 

 

 

 

鮭釣りのバイオリズム  

鮭釣りとは、なかなか奥深い釣りなんですよ、毎日釣れると言いきれるものでもありません。

逆に昨日釣れなくても、今日は釣れたなんて事もあります。

さらには、今日の当たり釣り人なんて言う人もいます、なんであの人ばかり釣れるんだろう?

道具なのか仕掛けなのか餌なのか。色々考えても分からない。そんな事はありませんでしたか?

 

 

私は、そんな時 この当たり釣り人(この日釣れている特定の釣り人)の

タイミングに合わせて、投げるタイミング、投げる場所…そんな事を合わせる(マネと言われればその通り!)と、バイオリズムの転換を図る事が出来るような気がして…あまり大きな声では言えませんが『こっそりやってます!!』

 

さて、去年の10.11の抜粋ですが、こんなこともありますよ!ですから諦めず、やってみる事も大切な事です

 

 


2016.10・11(火)

昨日まで天候も悪く、鮭釣り調子も出ず、3日連続のボーズ!!

半分諦めて、今日は普段より遅くに釣り場に、釣り人は少なく10人ちょっと。

当然釣れていない事もあり濁りもきつかったので。

ところが今日の外海は、打って変わって波も無く濁りも無く、最高の釣り日和。

しかしなかなか釣れ出さず。

やっと1本釣れていましたが、連続しません。

皆さんお帰りになって、ベストポイントが空いたので移動…久々のベストポイント入り!!

 

ほんの少ししてヒットしました!!

3日ぶりなので嬉しいの一言!

その鮭のハリを外して餌を付けて、さて投入。糸ふけをとって…『ヒット!!』『キチャッタ!!』とつい…。

連続ゲット。

さらに数分後、またしてもヒット!!

今日はなんとどうなっているのでしょう!数日の鬱憤を晴らしてくれました。

全体で5本(朝7時半までで)そのうちの3本をゲットできました! 上出来ですね!



 
 
 
 
 
 
 
 
久々のメス鮭
 

昼1時からちょこっと鮭釣り行ってきました。なんと、連続10本以上オスが続いていて今日やっとそれを脱出できました

 
今考えてみると、何を感じて釣り座の移動を図ったのか分かりませんが
バイオリズムが合えば、すべてが上手く行きます。
 
投入した所を上手く鮭が通過すると言った具合に。
 
これは当然釣れるでしょうね!
 
年に何回もこんな事が有る訳ではありませんが、こんなチャンスを引き込む。
閃きも頑張って釣りに行っていると巡って来る事もありますよ!