オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

カラフトマスのオスとメスの写真をたくさん紹介。どっちかわかりますか?



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

天候が少し良くなってきて気温も多少ですが上がってきましたがまだ明日までは気温が低そうです。

 

いよいよ北海道にも春ですね!

 

北海道の場合、春に一斉に花が咲きそろいます。

本州であれば 梅が咲いてその後に桜としっかりと咲き分けしていますが、北海道の場合梅と桜と**と**と・・・・本当に一斉に咲くのです。

 

今まで、目に入る色は灰色と白が主体でしたが、黄色に赤に紫に白に、殆どの色がこの春先に揃い初めします。

 今日の天気予報は 午後は雪が降るとか?

 

 

今日の紋別港

そろそろチカが釣れてくるかもしれませんよ!!

去年は4月24日に釣れ始めてきています。

 

さて偵察に行ってきましたが、釣り人いませんでした。

f:id:turikichijob:20170422082151j:plain

f:id:turikichijob:20170422082210j:plain

 

 

カラフト釣り回顧録

毎年お盆の15日前後にカラフトマス釣りのお祭り・・・

釣人も沢山きます、この時が群れとしては一番多くカラフトマス自体回帰のカラフトマス数がダントツです。

 

それが過ぎると少しずつ数も減ってきて釣れなくなります。

カラフトマスが川に遡上する期間は大体8月中から9月初めの1ヶ月間。

 

 

お盆の8.15日前後のカラフトマスは鱗もピカピカで釣りあげると鱗が剥がれてきます。

 

最盛期から10日も過ぎると…ご覧の通り鱗も剥がれなくなり

オスは背中が出っ張って来る、俗に言うセッパリになります。

 

メスは体系的には代わりませんが、側線の上と下では全く色が違う物になります。

ツートンカラフトに変わります。

 

 

仕事を終え第2回戦の釣り 10時過ぎから2時位までの釣りなんですが1匹釣れたらパチリ、また釣れたらパチリ。それを繰り返していたんですが面倒臭い時はまとめてパチリ。

 

写真を撮っている時間を考えると、まとめて撮った方が良かったのか。

 

ただカラフトマスを釣るのであればもっと沢山釣れていた事でしょうね!!

 

 

f:id:turikichijob:20170421143618p:plain

 

*これはオス(セッパリ)

f:id:turikichijob:20170421143720p:plain

 

*これはメス(これは岸寄りして間もない)

f:id:turikichijob:20170421143818p:plain

 

*これはオス

f:id:turikichijob:20170421143851p:plain

 

 

*これはメス

f:id:turikichijob:20170421143915p:plain

 

 

*どちらか分かりますか? これはオスです。

f:id:turikichijob:20170421143940p:plain

 

 

*これもオスです。

f:id:turikichijob:20170421144017p:plain

 

 

*上からオス、オス、メスです。

f:id:turikichijob:20170421144038p:plain

 

 

*明らかにオス

f:id:turikichijob:20170421144101p:plain

 

 

*どう見てもオス

f:id:turikichijob:20170421143756p:plain

 

 

もっと釣りに専念していたらもっと釣れたでしょう!

 

釣人によっては、鮭よりカラフトマスの方が美味しいと言う人もいますが私はどうもカラフトマスが苦手です。

 

カラフトマスは鮭に比べると集まった群れは比較的、無理な事をしなければちらないので釣りやすい魚種でしょうね!!

 

 

回帰して間もないもの→この時のカラフトは機敏に動き逃げます。なるべく人影を見せないように釣った方が良い。

 

回帰して時間がたったカラフトマス→あまり逃げません、餌を食わなくなります。

 

さて今年はどうなります事やら!!