オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭がいるのに釣り人0人の時なんてあるんだ…当然釣れましたよ〜



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

本州では、夏日の所もあると言うのに紋別はまだ冬に近い春。

 

この時期日々の気温差が大きくて体がついて行きません。

着る物もいかなるものを着たらいいのか、厚着をすると暑いし…。薄着をすると寒いので重ね着。

そんな日が今のところ続いています。

 

でも、過去の4月にフェーン現象で30℃を超えたこともあります。

 

今日の紋別港

朝の気温0℃位です。車の屋根にはうっすらと雪が!

今日の最高気温予報では4℃ということで、かなり寒いです。

 

海は大荒れで、当然釣り人はいません。

f:id:turikichijob:20170420082738j:plain

 

 

一番沖に有る防波堤は波をかぶっています。

f:id:turikichijob:20170420082800j:plain

 

 

鮭釣り回顧録 2014年9月28日

今思い返してみると、この年まださほど大釣りはなかったので

 

9.27(土)とある漁港に遠征しました。私にしては珍しくこの漁港で泊まる予定での遠征。

 

先に釣仲D君とその父親が行っていました。

到着してみるも、釣人が殆どいない…。

『なんだ釣れていないのかな?』と思いながらD君親子がいる堤防の所まで行ってみます。釣り人は数人で、全体で5人以下しかいません。

 

信じられません…D君がいるのに不安がいっぱいです。

釣り場につくとD君はコンビニに買い物で父親は休憩中。その場所釣人0人!

 

一応用意をして餌を付けて海を見渡して…。

 

 

えっ! おっ! やっ!『鮭いるじゃないか~~~!!』

 

鮭の群れが回遊しています!

『どうして、こんなに鮭がいるのに釣人がいないの?』

 

本当に釣人はいないんですよ、先ずは私が釣って…当然釣れるでしょう!

 

経験上m鮭はいる、釣り人はいない、静かだ、鮭がゆっくり泳いでいる。

 

釣れない訳はないでしょう。

 

即ヒット!

 

D君父親にタモ入れを頼もうと呼び出し、慌ててタモ入れに来てくれましたが、もうびっくりです。

 

釣りあげてからすぐに買い物に行っているD君に電話! すぐに帰るように!

その後もヒットの連続です。こんなことも有るんですね!

 

翌日、興奮から寝不足! 朝は早くから目が覚めD君を起こすもなかなか起きてきません。

この日も釣人は少なかったです…朝までは!

 

それが、昨日の私の釣果を聞きつけたのか大勢の釣り人がやってきました。

 

それでも、まだ釣人は少なく気持ちよく釣る事が出来ます。近くで釣ってみたり遠くで釣ってみたり色々挑戦して楽しく釣りました。

 

さて、この鮭体長 83㎝でしたが、力が途轍もなく強く、合わせを入れるや否や走り出し、ドラグを締めているのにもかかわらず『ジージーがーがーじじじー…』

 

それが右に走り出し…。

右側に5人の釣り人がいたのですが、すべて5人を巻きこみラインからウキからもうグチャ、グチャ!!それでも何とか釣りあげました!

 

非常に楽しかったのですが、もう他の釣り人には『すみません!』しかありませんでした。

 

 

f:id:turikichijob:20170419140119p:plain

f:id:turikichijob:20170419140429j:plain

 

 

ラインが切られたり、ばらしたり…。でも面白かったですよ。

f:id:turikichijob:20170419140244p:plain

 

 

さてこの遠征で感じた事は、釣人がいないからと言って『諦めるな!』ということですね。

 

チャンスをものにせよ!