オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

会心の鮭一本を振り返る。あれはまさに我が身の血が騒ぐ瞬間だった



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

昨日の天気は、帯広方面では雪が降ってましたよ! 急に前日との気温差10℃下降…。やってられませんね!

 

ここ数日風が強い日が続いています、それも異常なほど強い風です。

 

 

今日の紋別港

今日の朝雨が降っていましたが何とか峠を過ぎましたかね。

それにしても寒いです、ストーブ焚きましたよ!

 

偵察に行ってきました、第2埠頭釣人なし。

 

釣人立ち入り禁止の石炭置き場埠頭では外海からのうねりが凄い事になっていました。

f:id:turikichijob:20170419064609j:plain

f:id:turikichijob:20170419064630j:plain

 

 

紋別港内奥の船溜りに釣人がいました。

話を聞いてみた所、チカはいるけれども小さいとのことでした。

 

 

f:id:turikichijob:20170419064702j:plain

 

 

鮭釣り回顧録

この時期はポツポツとは釣れていましたが、爆釣感を感じた事は数回あったけれども至って少ないです。

本来9月後半には、それなりの釣果を得ているはずなのだけれども、去年については、まず台風の関係で釣りにならなかった日が多くてそれだけ釣果も少なかった。

 

10月になって、鮭釣果の方も上向いてきたが…鮭のブナが多い!

当たり前のことかもしれないが後期群ともなれば、特に痩せている鮭が多い。

 

 

鮭の回帰については

 

プレ前期群→鮭の回帰が本格化する前(7月下旬~8月初旬)時期にカラフトマスの群れに混じって鮭が回帰したもの,比較的ブナが多いが型は大きめ。

 

  

前期群→本来の鮭回帰(8月後半~9月中旬)前半は鮭のギンピカも多く型は大きめ。

 

中期群→9月中旬~9月いっぱい位で型のいい鮭でブナが多い

 

後期群→10月~ 鮭も回遊しているので時期的な事は断定できないけれども、定置網で獲れるさけでおおよそ分ける事が出来る。鮭の定置網漁をしている釣仲から、今日の群れは違うよ! 何て連絡を貰う事が出来るのでそれである程度判断している。 

後期群の鮭は型が小さくなり、痩せている。岸の鮭からの判断基準。11月近くになるといくら光っていても、身が白くなっている鮭もいます。    

  

と、大まかに分ける事が出来る。

 

 

朝、釣り場での釣人が少ない。もう気温も一けたで防寒着も必要になる季節である。当然釣り人も少なくなるのも良く分かります。

朝ぜんぜんだめの中で、沖目でかろうじて鮭の跳ねが分かった。

 

釣友に『来るよ! 来るよ!』

 

 

『ほら! きたっ!』会心の一本です。なんとなく釣れるタイミングと言うのが分かります。

 

鮭釣りに対しての我が身の血が騒ぐ!!

 

明らかに後期群の代表みたいな鮭です、ただメスであると言う事!

 

鮭の皮膚の色が前期群や中期群とは違う気がしますが…。それに体高が低いし尻尾の付け根が細く感じます。

 

 

 

この日釣り場で釣れたのはこの1本のみ!!

 

あの鮭の跳ねを見ていなければ釣れていなかったかも知れません! やはり必要な事なんですね!

鮭釣りに行ったからには、釣れていなくても海の状況をしっかりと見る、読み取る! ことでしょう!!

f:id:turikichijob:20170415153510p:plain

 

 

もう少し水温が上がらなくては、釣れる魚も釣れませんね!