オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭じゃなくて小サバが浮きを沈める日からのリベンジで鮭大量体験談を語る



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

気温は高めですが、生憎の強風で危なくて釣りどころじゃありません!

それでも一応偵察には行ってきましたよ。

 

 

そろそろチカが釣れそう

気温的にはいいと思うのですが、水温がどんなもんか?

残念ながら釣人はいませんでした。しかし車で偵察中にも地元の釣り仲数人が偵察に来ていました。

f:id:turikichijob:20170415090313j:plain

 昨日から風が強くて…。

 

 

 

鮭釣り回顧録①

去年の事です。

この前日は遠征で鮭釣り楽しんできて、まだあの感触が手の温もりとしてまだ残っている状態で紋別での鮭釣り。

 

朝相変わらずの風景。

釣り開始時間が来ても一向に釣れ出さない、なんでこんなに北の釣り場と状況が違うのか…。

 

それでも、ウキが沈む事、沈む事! 異常なほど良く引いてウキが沈みます!

 

ですが、それは残念ながら鮭では無かったのです。

 

正体は『サバ』、それも小サバですね…。

 

ハッキリ言って鮭より強烈な引き方をします。仕方ありません、とりあえず合わせを入れますがだめです!

 

数回合わせを入れてもハリにかからなければ捲き上げるのですが、その途中でさえ

サバはタコベイト目掛けて追い掛けてきます。それも1匹ではありません。

 

ベイトの後には、サバが5~7匹連なってついてきています。これでは鮭釣りにはなりませんよね!!

 

周りからも 『バシッ!』『シュワッ!』…なんて合わせる音が聞こえてきますが、釣れてません。

 

もう半分皆もやけくそです。

間違って鮭ならいいかも…そんな気分で釣っています!

 

 

そんな中、間違って私の餌を喰いついた鮭がいました。なんと鮭が釣れました!

 

見るからにブナ鮭です。

これは、リリースかなと思ってこのまま針を外して海にと思ってハンマーパンチをしなかったのですが、これを欲しいと言う釣り人がいたので即さし上げました。

リリースしようと思っていたものを写真撮りしたので鮭が暴れてピントずれ!

f:id:turikichijob:20170414115514p:plain

 

その後、サバと遊んで終了です。

 

 

鮭釣り回顧録②

このあまりにもひどいサバの状況を避ける意味で、次の日は釣り仲とプチ遠征を提案!

 

朝目的地に到着するも誰もいません。過去の実績でこの場所を選んでみたのですが、どうなります事やら。

 

この釣り場はいつも釣れると言う訳ではなく、いろんな諸条件がそろって初めて釣れるものですから、行き当たりばったりでは無理な釣り場です。

 

さてこの場所で数十分釣っていたのですが、そのうち少し離れた所に釣仲が来てすぐにヒットさせました! 私たちの場所と100m位離れていたでしょうか?

 

すると、その釣りあげた釣友からの手招きが分かったので、即移動です。

 

するとどういう事なんでしょう! 鮭が群れています。

 

あまり大きな範囲では無かったものの鮭のもじり。『こりゃ釣れる!』

 

 

以後、ヒットの連続…バラシも連続!

 

もう…息が切れて『ハ~~~~、ハ~~~~』ですよ。

紋別から一緒に行った釣友も釣れて…こんなとこで釣ったのは初めてという事で興奮状態でした。

 

この釣り仲仕事の関係で早帰り。後ろ髪引かれた事でしょうね。

 

私はもう少し…。

 

そして先に来ていた釣仲もお帰り。私が一人になりました。

そうこうしていると、別の釣り仲が来て2人で!

 

何匹釣ったなんてことはさほど問題視していません! どれだけ楽しんだか? と言う事だけです。

 

さ~私も仕事のため終了。

 

さてこの鮭どうやって持って帰ろうか? 悩んでいたら釣仲がロープをくれたので口から通して砂浜を引っ張って行くことに!

 

『楽しんだ!』

 

こんな事が年に何回もあったらいいのにな。すべて銀毛のいい鮭ばかりでした。

f:id:turikichijob:20170414115227p:plain

f:id:turikichijob:20170414115403p:plain