オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

ラインブレイクの悩み…それはまるでイップス。自信を持って釣れば克服だ!



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

今日は北海道全域寒いです。雪が降る地域もあるらしいです。

 

 

偵察。海は恋人

朝紋別港偵察に行ってきました。

 

毎日『釣れもしないのに良く行きますね〜』なんて声が聞こえて来るようですが、海は私の恋人。毎日会いに行って機嫌伺ですよ!

 

そして機嫌がイイ時はちょっと釣らせてもらう。怒っている時は挨拶のみで撤退!

 

雪が降るまで毎日こんな日々を過ごします。釣れる魚はあくまで副産物…。

 

 

紋別港の様子

まずは第3埠頭から。釣人なし! と言うか低気圧通過した後で海が怒ってます。港内はまだ大人しいですが、伴って風が冷たい。

 

第2埠頭は釣人2人です。チカ釣り人1人、カンカイ釣り人1人。

車から竿を眺めています。なんとなく声かけ出来る状態ではなかったのでわたしも写真を撮って帰宅。その間、知り合いの釣り仲が偵察に数人いる程度です。

 

 

f:id:turikichijob:20170412090656j:plain

f:id:turikichijob:20170412090721j:plain

f:id:turikichijob:20170412090738j:plain

 

 

ラインブレイク

今日も鮭釣りを振り返り失敗から学びます。

 

ヒットしたもののラインブレイク! 年に数回ライン交換をしています。ラインブレイクしないように交換しているのにもかかわらず、ラインブレイクはしてしまうものですね。

 

いつも今日はと思って釣りをしているのですが、あまりにもラインブレイクが多いので竿のガイドに傷でもあるのか、それともラインの方か…。

と言ってもラインを交換してすぐにラインブレイクです。ほかに考えられる事はリール側なのか…?

 

全く分からない。何を取り換えてみてもラインブレイクです。

 

となると、私自身の釣り方に問題があるのかと疑問を持ってしまいます。

 

私も永年釣りをしていますから、ラインなど注意すべき所は注意しています、しかしどうしてなんでしょうか?

 

毎年何回かは必ずと言っていいほど、PEラインを切られます。

 

当然、大きい鮭がかかった時にラインが切れているのが分かりますから、それは悔しいです。

 

 

日々ラインについては注意をしているのですが、何をどう取り変えてみてもラインブレイクしてしまいます。時には自信をなくして『また切られる!』と、かかった瞬間に脳裏に浮かんできます。

 

 

 

 

背中がかゆいけれど手が届かない感じ

ウキをけし込む訳でもなく、なんとなくもぞもぞとしている感じ。表現する事が難しい引きがあります。

 

沈みそうで沈まない。確かに餌を咥えている感じはあるのだけれども、今一合わせるタイミングに無い。

 

こんなとき、自信が有る時は思い切って仮合わせをしてみて追い食いをさせるのですが、ここ最近のラインブレイクが多いことから、合わせる事に自信を無くしてしまっています。

 

もう一か八か! それこそ「アムロ…行きまーす!」的な感じで合わせます。

 

そして、なんとヒット! オスでしたが、それは別段気になるものではありません。

f:id:turikichijob:20170410213620p:plain

 

不思議なものです。鮭一本釣りあげると、次は比較的楽な気持ちで釣りあげる事が出来ます。不思議とこんな時はばれないんですよ!!

 

鮭も私の気持ちを見透かしているのでしょうかね?

 

まだ負けませんよ! といった気持で釣っているのですが…。

 

その後は難なく鮭追加です。

f:id:turikichijob:20170410213727p:plain

 

鮭のウキフカセ釣りで、浮きがほんの少し目印より下がるが、それ以上は下がらない状態が数秒続く時…それもアタリだ! 合わせてもOKなのです。