オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

オフショアロッドを購入しました。軽さを追求してブリ釣りに備えます。



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

4月としては非常に暖かく、紋別の夏とまではいかないにしても、ほぼ夏の気温といっていいでしょう。

 

 

今日の紋別港

只今朝の8時なんですが、すでに13~14℃の気温らしいです。今時期気温差が激しく、来週は又気温が下がるようです。

 

さて紋別港第2埠頭偵察に行ってきましたが、地方からの釣り人一組いましたが釣れてはいませんでした。

f:id:turikichijob:20170406081619j:plain

 

 

オフショアロッド届きました。

去年まで使っていたオフショアロッドは私にしては少し重く疲れるので、軽い竿を購入しました。

 

シマノ・オシアジガー S623です。623か624かで悩んだのですが少し柔らかめの623にしました。

 

f:id:turikichijob:20170405153939j:plain

f:id:turikichijob:20170405153958j:plain

 

 

このS623に合わせてリールも5000番に下げ、軽さを追求してみました。

 

竿195g+リール315g=510g

 

去年までのものはリール8000番で、それだけで555gですから竿1本分は軽くなったという事になります。

 

竿250g+リール555g=805g…。約300g軽くなっているので疲れも半減しますかね!

 

ブリ釣りは思いのほか疲れます。ほぼ6時間竿を振っていると次の日には腕がパンパンになって手が震えます。

その上、5キロを超えるブリがかかると釣りあげるまでに相当体力消耗します。

 

そんなこともあり出来るだけ軽くと言う事で軽いものにしました。

f:id:turikichijob:20170405154021j:plain

 

 

リーダーとスナップリングの結び方

先日偶然、鈴木斉さんの動画でリーダーとスナップリングの結び方を見ました。

みの虫何とか…と言う結び方が載っていました。私もこの方法で結んでいますが、ちょっと違いが有ったので書き込んでみます。

 

f:id:turikichijob:20170405154051j:plain

f:id:turikichijob:20170405154105j:plain

f:id:turikichijob:20170405154125j:plain

 

 

違いが出て来るのは、ここからです。

鈴木さんはハリを付けていないのでスナップリングとリーダーでの結びとなります。

f:id:turikichijob:20170405154151j:plain

f:id:turikichijob:20170405154213j:plain

 

 

私は、ハリをなんでもいいのですが、ハリをひっかけて少し引き気味にしてリーダーをハーフヒッチで編み込んで行きます。そうすると無駄な力を使う事なく簡単に編み込みできます。

 

こうすることによって、船の上でのトラブルの際にもちょっとハリを船べりにひっかけて編み込み容易に出来るので、いいと思います。

 

f:id:turikichijob:20170405154332j:plain

f:id:turikichijob:20170405154356j:plain

 

きれいに出来ました。えっ? 自己満足ですかね?

 

ハリを固定することにより、より強くリーダーを締め付ける事が出来ます。

見た目で釣れる訳ではありませんが、気分の問題ですね!

 

それとこの結びをしている意味は、紋別ではフグが多く、ナイロンを2本で編み込んでいなくては切られる事が多々あります。

 

別にラインに喰いついている訳ではないのですが、ジグを落し込んでいる最中に急に軽くなり、確認するとジグが無いと言う事があるからです。

これもフグかどうか見た訳ではありませんが、フグしか考えられません。(リーダーがフグの口に上手く入るのですかね?)

 

f:id:turikichijob:20170405154442j:plain