オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

フカセ用ウキが大量にたまっている。ウキ上部に黒いラインを引いている大切な意味



スポンサードリンク




おはようございます、モンユウです。

 

今日は朝から快晴。少し気温は低いですが!

釣友から日本海のサクラマス釣りの情報ありました。正直羨ましいですね。

 

 

釣友サクラマス釣果情報

昨日札幌の釣り仲からサクラマスの釣果の連絡貰いました。

 

4本ゲットで写真のサクラは一番大きかったので写真をとって送ってくれたのですが、そのすぐ後にハリから外れて逃げられたと悔しがっていました。

f:id:turikichijob:20170325195019p:plain

 

 

この写真は本日のサクラマスです。今日も調子いいようですね!!

f:id:turikichijob:20170326081944p:plain

 

 

 

釣り具の整理

フカセ用ウキ

作っては作っては作り…買っては買っては買い…溜まりにお溜まって未だ1箱あります。

 

こんなに溜めてもシーズンに使うのは最多でも年に5本がいいとこでしょうね。

 

でも釣人の性なんでしょうか、なかなか満足できなくてちょっとでも使いにくいとか、あたりが分かりづらいとかで、使わなくなってしまうものがあるのでそれが溜まってこんな具合になってます。

 

何時かリユース、リサイクルなんて事を考えて残しておいてます。

 

使わないものが殆どなんですがね!

f:id:turikichijob:20170325103941j:plain

f:id:turikichijob:20170325104005j:plain

 

 

主に使っているウキです。

重さはほとんどが10号ですが、6、8号も用意しています。5~6本はいつも釣に持参してクーラーの中に入れていますがそれだけで重い!

 

私のウキは、ほかの釣人に言わせると『見づらい!分かりづらい!!』とよく言われます。なぜなら海面より上に出ている部分が5センチ位ですからだと思いますが、私にとっては逆に出ている部分が長いとふらつきも多くなって、性に合わないのです。

f:id:turikichijob:20170325104024j:plain

 

遠投する時と近場で釣る時のウキの差はあるものの、その日のウキは殆ど変りません。

なぜなら、そのウキの通常の沈み具合に照準を合わせているのでその日はウキを変えたくないという理由です。

急にウキを変えると合わせのタイミングを微妙ですがタイムラグが生じることになります。

私の場合普通でも合わせが早い方なので、一秒以内のずれはバラシの原因になります。

 

整理するとしても、捨てる訳ではなく必要部分と不必要部分に分けて、使える所は使う! と思っているだけかも。

 

あっ、そうだ!!

 

ウキの上の部分の黒のラインを引いていますが、これも釣には大切な役目があるわけです。ラインが2本3本など使い分けていますが、これについてはどちらがいいかなんてことはありません。

当然その日の気分で使い分けますが、通常の餌がついている時のウキの沈み位置具合を黒のラインの位置で覚えておく事が最重要です。

 

ウキは沈むとは限りません。逆に浮き上がる時もありますよ!

ですから、自分のウキを把握しておく事ですね。