オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

鮭の群れが港内に入り込んで大群に! 漁船から釣らせてもらって最高の想い出になりました



スポンサードリンク




こんにちは、モンユウです。

 

今日は今年一番暖かいですね。昼間はなんとプラス7度です。道路も水浸し、水たまり。屋根からは氷の塊が落ちそうです。

 

 

 

流氷情報

海は気持ちが良かったですね。こんな大人しい海の状態は夏場でも見る事は殆どないです。

f:id:turikichijob:20170302144924j:plain

こんな時はガリンコ号も流氷のある沖まで行くのかな~。流氷タワー近辺には全く無くなってしまいました。

 

 

『春近し』かな?

f:id:turikichijob:20170302144941j:plain

f:id:turikichijob:20170302145002j:plain

f:id:turikichijob:20170302145022j:plain

 

 

 

過去の鮭釣り思い出

過去の釣行を振り返っていきます。

 

ある港での事です。漁師でもあり釣り仲のお誘いで釣りに行きました。

 

 

外海が時化て、鮭の群れが港内の一番奥まで入り込んで鮭の大群に。

ですが、漁船が係留してあって釣人にとっては釣りずらい状態。隙間が多少あるもののロープが張ってあって、余程注意をしなくては釣りになりません。

 

 

「これはどうしたものか?」と思っていた時に、漁師であり釣り仲のH氏からの船上で釣ってもいいよとの許可が出たました。これは幸運でした。

 

ちょうど鮭の群れがいるすぐ目の前で釣らせてもらえる事になったのです。

こんな時の気持ち分かりますか?もうウキウキ気分です。

 

1投目から即ヒットで連続ヒット!

 

こんなチャンスはなかなかありません。その代わり船を汚さないようにと気は遣いますが、この感激の代償としては安いものです。

 

f:id:turikichijob:20170301205918p:plain

この状態の中で釣らせてもらえる事が嬉しくて、バラシも相当ありましたがそれは全く気になりません。

 

知り合いがもう一人隣で鮭釣りをしていたのですが、合わせのタイミングが合わないようでなかなか釣れません。

こんな時でしかできない鮭フカセ釣りの実釣講習会…とまではいきませんが、その釣り人にのみの講習会。

 

やはり前あたりが理解できていなかったようで、「今だよ!」「合わせて!」「う~ん、そうか~』なんて言いながら実践していきます。

 

そのうちに何とか自分で合わせる事が出来るようになりました。

 

 

さてさて、こんな好条件がそろう事は、何年に一回あるのでしょうか?

 

  1. 海が時化て港内に鮭が入り込む。…鮭が岸寄りしている。
  2. 船に乗せてもらって釣りができる。…釣り場がある。
  3. 当然鮭が港内に入りたてで喰い気がたっている。

 

 

こんな条件がそろっている事は殆どないです、今までにも何回あったでしょうか?

 

ですから、このような釣行は忘れられない一生の思い出になっています。

勝手に船での釣りはできませんので、このようなチャンスは殆どありません。

 

不思議と船の影になるあたりに鮭が集まるので、岸壁から直接釣るとなると色々大変な思いをします。

 

今年もチャンスを下さい!!