オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

時合を逃す…イソメをカラスに喰われる…釣歴長くても失敗なんて日常茶飯事です。



スポンサードリンク




こんにちは、モンユウです。

 

今日は天気も良く、暖かいと言ってもいいかもしれませんね!

 

 

 

流氷情報

朝、紋別ガリア地区に行ってみましたが流氷は遥か遠く。これだけ暖かいと岸にも寄ってきませんね!

 

 

沖の水平線ぎりぎりに流氷が見えますが、写真でははっきりしません。

f:id:turikichijob:20170301115548j:plain

f:id:turikichijob:20170301115608j:plain

f:id:turikichijob:20170301115625j:plain

f:id:turikichijob:20170301115652j:plain

 

 

紋別港内には氷が張っていますが、なんとなくいよいよ春かな! と言う感じがします。

f:id:turikichijob:20170301115527j:plain

 

 

 

ニシンの群来 

道南の江差でニシンが群来し、海が真っ白になっているというニュースがありました。

オホーツクではまだまだですが、そんなニュースを聞いたのであとで仕掛けなどを見直ししときましょう! 待ち遠しいな。

 

 

 

釣人の失敗談①

釣人は誰しも失敗が無いなんてことはないでしょう。

当然、『時合を逃す』と言った釣人最大の失敗は尾を引きますよね? 悔しくて夢に見ることもしばしばです。

 

釣れている最中に仕事で納竿しなければいけない時は諦めもつきますが、ちょっとした釣り場選択のミスで釣果が雲泥の差になる事があります。

 

そんな時、釣り仲からお呼び出しの電話などがあって釣り場移動し、時合が間にあった時の嬉しいこと嬉しいこと。

でも、これが逆になる時もあるのです。呼び出しを貰って釣り場に着いた瞬間に、時合終了なんて事もあります。

 

「もう少し早く連絡くれよ」なんて気持ちもありますが、それは酷ですよね。お互い様なんで気にしないようにしてます。

 

結局は自分の最初の選択ミスが原因なんですから…諦めるしかないですね。

 

今後のための学習として考えると気にもなりませんが…。

 

 

 

釣人の失敗談②

釣人の失敗として、こんなこともあります。

 

のんびりと時間もあるしイソメも買ってきたし、のんびりとまったりと紋別の防波堤でのカレイ釣りに興じました。

 

こんな時にも、「まさか!?」と言う事が起ききるのです。

 

買ってきたイソメを、そのままの状態で写真の釣り場の手すりの上に置いといたのが失敗の始まりでした…。 

 

気にはなっていたのですが、周りにカラスが飛んでいたんです。それがほんのちょっと目を離した隙に、入れ物ごとイソメ盗難事件!

 

もう「あ~あ~!」と見ているしかありません。皆さんも気を付けてくださいね。

 

当然カレイ釣りは終了せざるをえません…それでなくても紋別のイソメは高すぎるのに、これは痛い出費です。

 

ちなみにこの写真の釣り場は、現在は釣り禁止になりました。残念です。f:id:turikichijob:20170228214928p:plain

ここは鮭も釣れるのですが、本当に残念です。釣り人がおこした事故や不謹慎な行動が原因となって禁止に繋がったようですね。