読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【紋別流氷状況】2017/ 2.16(木) 気温プラスです!!【釣の楽しさ】

流氷 紋別 釣法 雑話 鮭釣り


【スポンサードリンク】




 

  こんにちは、モンユウです。

 

 

今日の朝の気温は、-6℃位でしたが、予報ではプラス3℃位になると言う事・・・。

 

 

2月にプラスとはどう考えても異常ですね!!

 

 

 

 

 

今日の流氷です。

 

気温が高いものの流氷は依然として同じような位置にあります。

 

岸寄りに一部海水面が見えていますが、沖合にはびっしりと流氷が有ります。

 

流氷を見るのに全体が真っ白の流氷を見るのも良いですが、青い海の色が有って白が映えて来るので少し白以外の色が有った方がいいのではないかと思います。

 

 

白の中にガリンコ号のオレンジ色これも良く映えています。

 

 

 

流氷に向かっての航行です。あと50mも行くと流氷帯に侵入となります。

 

f:id:turikichijob:20170216124540j:plain

 

 

 

 

 

f:id:turikichijob:20170216124558j:plain

 

 

 

流氷をかき分けて行く・・・。

ガリンコ号と網走の流氷観光船『オーロラ』とは流氷帯を航行するシステムが全く違います。ガリンコ号はもともと南極観測船『宗谷』と三井造船の砕氷船の後継船で、殆ど流氷内で立ち往生する事は有りません、それはガリンコ号の先端にある『ドリル』を回転する事で砕氷と同時に推進力も得ていることによるものです。

 

 

f:id:turikichijob:20170216124637j:plain

 

 

ガリンコ号 Ⅰ世 (↓写真) 今のガリンコ号より少し小さいです。

 

 

流氷まつりは終了していますが、氷像はまだ残してあります。

 

f:id:turikichijob:20170216124850j:plain

f:id:turikichijob:20170216124653j:plain

f:id:turikichijob:20170216124720j:plain

 

 

 

 

これはガリンコ号が 流氷タワー近くを航行して・・・サービスかな!

f:id:turikichijob:20170216124806j:plain

f:id:turikichijob:20170216124830j:plain

 

 

 

さて今日は、

 

釣りをいかに楽しむか!!

 

鮭釣りそれ自体楽しいのですが、それをもっと楽しくするためにどうしたらよいか?

 

釣りの楽しさは、感じ方に個人差はあるでしょう、受動的な楽しさなのか能動的な楽しさなのか、工夫次第で2倍にも3倍にも楽しむ事が出来ます。

 

単に鮭が釣れて面白かったと言う事より、・・・今までの経験からして記憶に残っている釣りと言うのは、ある事をして釣れた!!とか 釣人のいないところで鮭の群れを見つけて釣った!!など鮭釣りの面白さを呼び寄せた自分の能動的判断が結果を導いた時により楽しさを感じます。

 

釣り時期は、毎日釣り日記を書いていますが、黒ペンの中に赤ペンを使って書くものの内容はいかに工夫したものか、来年のための方策メモとして書き続けています。

 

私は遠征した時は、必ずと言っていいほど帰り道にある漁港の偵察を欠かしません。

 

 

釣人がいるかどうかでは無くて、とりあえず行って見て来る。

過去にも釣人が全くいなくとも鮭がいると言う事は多々あり釣らせてもらった経験が有ります。

 

 

釣道具・仕掛けについても同様、他の釣り人がしていないような事をしたり使ったりして釣れた時・・・面白さを感じませんか?

 

沢山釣れて楽しむと言う事もありますが、最近特に 他の釣り人が使わないような物で

釣れたらいいな!!そんな挑戦を楽しみの一つとして感じています。

 

今年も頑張りましょう!!