読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【今日の紋別】  2017/  1・28(土)  朝の暴風は!!吹雪免れた! 【鮭の学習】

雑話 紋別


【スポンサードリンク】




おはようございます、モンユウです。

 

今日の朝は、・・・覚悟して目覚めたのですが・・・風は強かったものの雪が少し。

 

『良かった!!』安堵・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の紋別

 

流氷まつりの氷像の外観が見えてきましたよ。

とは言っても肝心の流氷が遠ざかったまま『どこへ行った~~!!』

 

この風で,接岸するかと思いきや・・残念!!

昨日があまりにも暖かくなって・・・気温がプラスで雨まで降ったんですよ。

驚きです・・・これが流氷を遠ざけたんでしょうね!

 

 

 

f:id:turikichijob:20170128095103j:plain

 

 

 

f:id:turikichijob:20170128095122j:plain

 

 

 

 

 

さて今日は・・・

 

 

 

北海道沿岸で漁獲される鮭の特徴について

 

 

北海道沿岸で漁獲される鮭は通称あるいは販売ランクで分けられ、下の7群に大別されると言う。

 

 『ケイジ』は、最も若い鮭で翌年以降に産卵する未成魚である。

『トキシラズ』は、春網で漁獲される鮭で、三陸沖から北上しロシアに回遊して遡上産卵する夏鮭と秋鮭である。

『メジカ』と呼ばれる秋鮭は漁期後半の10月中旬以降にオホーツク中西部または太平洋の日高、道南沿岸で漁獲される本州系の鮭である。

 

メジカが漁獲される時期に北海道系ではこのようにわ若い鮭がいないので、メジカははっきりと区別出来るが、成熟度合いで見るとメジカは産卵までの熟度日数が25~60日と幅広く、北海道系前期群のギンケ(15~25日)とオーバーラップし、魚体の様相もかなり類似した銀白色となっているため、見分けることはかなり困難であると言う事である。

 

 

私も過去に、これはメジカと思って捌いたところ、筋子がやや成長していて、これは違うと言う事も経験している・・・。

確かに外観だけでは判断しずらいので

腹を割いて確認するのが一番でしょう。

 

 

『ギン毛』・・・メジカなのか単なるギンケなのか・・・自己判断では難しい!

         筋子が普通に入っていたら単なるギンケです。

 

 

『Aブナ』・『Bブナ』・『Cブナ』・・・一般的な鮭

 

 

 

 

 

 

通称

出生地

熟度日数

漁獲期間

外観様相

多獲地域

備考

紋別では

ケイジ

 

不明

1~2年

10~12月

ギンケ、青みがかった流線型、未熟

太平洋岸・根室・知床・網走

翌年以降に産卵する未成魚

年に0~2本

トキシラズ

ロシア

夏鮭2~3か月

秋鮭~6カ月

5~7月

ギンケ・肥満型生殖巣幾分発達

日高・歯舞・羅臼

常呂~猿払

ロシア系産卵群

メジカ

本州系

25~60日

10~12月

ギンケ比較的肥満鱗はげやすい

オホーツク・日高・道南

本州系産卵群

年に全体5~10本

ギン毛(シロ)

北海道系

15~45日

8~12月

ギンケ・肥満型から流線型まで

太平洋・オホーツク・日本海

北海道系産卵群

25%

Aブナ

北海道系

5~15日

9~12月

ソコブナ鱗露出部減少,婚姻色浮上

全域

北海道系産卵群

30%

Bブナ

北海道系

1~5日

9~12月

ブナ。鱗露出部極少・婚姻色明瞭

全域

北海道系産卵群

25%

Cブナ(ジョロッコ)

北海道系

0日

9~12月

ブナ、鱗露出部殆どなし、婚姻色のみ

道南、噴火湾・太平洋・オホーツク・日本海

北海道系産卵群

10%

 

 

 

何はともあれ、ギンケでもメジカでもあの銀鱗を見るとたまりませんね!

明らかにギンケ~メジカ~ケイジ・・・のタモ入れ失敗した時の悔しい事・・・。

その日は・・・暗い一日になってしまいますよ!

 

あと一つ忘れていました・・・キングサーモン(マスのすけ)が網走以南で釣れる事があります。

 

紋別では、沖の定置網に入ったキングを貰った事があります。

 

(キングは斑点があります)

 

ことしも頑張りましょうね!!・・・後7カ月か~~~~?