読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【今日の紋別】2017/  1・25(水)  流氷近そうですよ!【鮭釣り・・回顧】こんな時どうする?



【スポンサードリンク】




 

  こんにちは、モンユウです。

 

 

今日は昨日に比べると気温は少し高いようです。

 

それでも朝は、-10℃以下です。

 

 

 

 

 

 

紋別港偵察に行ってきましたので・・・

 

 

 

釣の偵察と言う目的では無くて 流氷の動向を見に行ってきました。

 

少し高台から見てみると、紋別港沖合昨日まで波が高かったのに今日は…ご覧の通りベター・・・全く波がありません、ですが流氷は沖合にも確認できません。

 

 

これが今時期のオホーツク海です・・・

 

一日で昨日の顔は全く違うものに変身します。

 

本当にオホーツクを知らない人にとっては、昨日の波の状態が信じられないと思います。

 

 

流氷の本体は未だ肉眼では確認できていませんが、

 

海面上には氷の膜ができています。

 

 

それにしても『べた凪』ですよ。夏場でもこのようになる事はありませんよ!

 

 

流氷が沖からの波を打ち消しているので凪ぎになります。…近いと言う事ですね!

 

如何せん釣り時期にはこう成りません、本当に鏡の様な状態です。

 

 

f:id:turikichijob:20170125124234j:plain

f:id:turikichijob:20170125124258j:plain

f:id:turikichijob:20170125124319j:plain

 

 

 

港内もほぼシャーベット状の氷で一杯です。

f:id:turikichijob:20170125124341j:plain

 

 

 

 

紋別港第2埠頭・・・釣り人もいませんが、巡視船『そらち』も紋別から移動しました。

 

f:id:turikichijob:20170125124404j:plain

f:id:turikichijob:20170125124446j:plain

 

 

 

紋別港内のオジロわし

 

町近くの街頭のてっぺんに止まっています。

f:id:turikichijob:20170125124506j:plain

f:id:turikichijob:20170125124527j:plain

f:id:turikichijob:20170125124601j:plain

 

 

 

 

2014・10・25鮭釣り回顧・・・どうする?

 

 

3年前の出来事です。

 

鮭釣りも、もう終盤と言う時、今は紋別の石炭置き場になっていて釣り禁止区域と言うより完全立ち入り禁止区域での出来事です。

 

この日の前日あたりから、ニシン釣り場となっていた港内の深場で鮭の群れがいて跳ねている状態が続いて、プレジャーボートでは釣れているのが確認できるのですが埠頭からでは全くとどかなくて釣にならない状況でした。

 

 

この日も朝一応埠頭からの挑戦をしてみましたが、すぐに諦め・・・。

 

 

この埠頭の反対側に移動してみると・・・

 

釣人もいなく…今後の先行きが全く分からない。

 

私は仕事があり仕事が終わるまで同行の釣り仲が一人でその場で頑張る事になった。

 

 

私が仕事を終えて、その場に戻ると・・知り合いのプレジャーボートが鮭釣りを届きそうな所で攻めている。

 

そうしているうちに、すぐ近くまで・・・・。

 

ウキを投げ入れると、すぐに喰らいついてきた・・・。

 

それも立て続けに・・・・。

 

先ほどまでは、鮭が全くいる気配はなかったのが あっと言う間に鮭だらけに!!

 

5本位釣りあげるまでは釣り人は同行の釣り仲と私の2人のみであったが、釣りあげているのを見ていた他の釣り人があっという間に寄ってきて埠頭が釣人で一杯になってしまった。

 

鮭も写真の様なナイスな鮭が数匹。

 

釣人が来る前は、ドラグゆるめて楽しんでいたのですが…そうもいかなくなって・・・。

 

それでも楽しむ事が出来ました。

 

 

f:id:turikichijob:20170125133510p:plain

 

 

 

さて…テーマは・・・

 

 

 

朝の状態ならどうするのか?鮭がいるのに、射程距離では無いので諦めるのか?

 

 

 

確かに『賭け!!』ですが、鮭とて生き物ですから何時までも同じ場所にいるとは考えられません。

 

待つのか!!!

 

待たないのか!!

 

 

鮭が近づかなければ…諦めるしかないでしょう。

 

しかし、当たれば大きい!!   大釣り「確定!!」

 

 

私は、比較的鮭の動きを観察する目的も考えて,粘る機会がい多いです。

 

 

皆さんならどうしますか?

 

 

 

f:id:turikichijob:20170125133327p:plain