オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【鮭釣り回顧】  2017.1.12(木) 鮭釣り回顧と予測と自発的決断の合致が爆釣を導く時



【スポンサードリンク】




 

 

 

 

 

おはようございます、モンユウです。

 

 

 

 

今日は2014・9月の後半 オホーツク海Y漁港での一コマ!!

 

 

この日に限って何故この釣り場に行ったのか?

 

 

釣人が全くいないこの釣り場に・・・!!

 

 

この閃きが、爆釣の始まりだった。

 

 

 

今日のテーマは、どうしてこの釣り場を選んだか?

 

 

釣り場の選択は、その日の釣果を決定する上で重要な要素である。

 

確かに最近は携帯などSNSでの情報交換により即時に移動も簡単にできるようになった。

 

しかし、その情報をえる事が出来なかった時や、その場所が離れていたとするとどうだろう!!

 

これが今日の最大のテーマである。

 

 

********

 

この日は、最近釣れていたのだけれども、ここ数日は全く釣れないと言う事もあって其の釣り場には釣人が殆どいなかった。

 

 

そんな中、先に釣り仲の大輔君親子が二人だけ其の釣り場で竿を出していた。

 

しかし、其の時点では全く鮭のいる気配も無くダラダラと時を過ごしていた。

 

大輔君はコンビニに買い物に行って、残るは大輔君の父・・・。

 

竿を出してはいるが釣りをしていない!!

 

私が釣り竿を出して・・・とふと・・・海をのぞいてみると・・・

 

 

鮭の影が見える・・・!!

 

鮭の影・・・それは・・・鮭が見えると言う事では無く鮭がいる気配を感じたと言う事である。

 

岩場のボトムすれすれに微かに黒い影がうごめいているのが確認できた。

 

 

其の時点で、私一人・・・。

 

大輔君の父親に鮭がいると言ったのだけれども・・・まだ信用してくれない・・・。

 

それじゃ、釣るよ・・・。

 

即ヒット!!・・・・慌ててD君父親がタモ入れに来てくれたが、びっくりした様子!!

 

さらに1匹・1匹・・・

 

『そうだ!大輔に電話だ!!』連絡をとって早く戻れ!!

 

 

釣れている様子を見ていた釣人が集まってきた。・・・当然だ!!これだけ釣れたら寄って来るはずだ。

 

右にも左にも釣人が!!

 

大輔も戻ってきて!!びっくりしていた。

 

 

この釣り場は、チカ場でも釣れていたが、私はあえて遠投して沖の方から来る群れを狙って・・・来るぞ!!・・・ヒット。

 

 

ヒット数は・・・二桁・・・

 

これ程楽しい鮭釣りは無いでしょうね!自分の思った通り、自分の能力にマッチした釣り方が出来た時、合致したこのタイミングがたまらなく楽しく、快感だ!

 

 

この日、最大級の鮭が釣れた…90㎝の鮭この時期の鮭は未だ力が強い、半端じゃない。

 

ご近所さんに非常に迷惑をかけてしまった・・・右の釣り人6人と絡んでしまった。

もうどうする事も出来なく・・・ドラグも締めていたのにもかかわらず、無関係に鮭が走り出す・・・。私としては楽しませてもらったが、申し訳ない事をしてしまった。

 

 

 

こんな訳で、大爆釣となった釣り場であるが、釣れていた釣り場で一時釣れなくなったとしても、必ずやまた釣れる時が存在すると言う事である。

 

だから、情報のみに左右されず挑戦する事も・・・ありでしょう!!

 

 

毎年こんな事があるような気がします。・・・

 

こんな時最初は釣人も少ないし最高の釣りができますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 メジャーが少しズレテいましたが  90㎝

 

 

f:id:turikichijob:20170111202449p:plain

 

こんな顔ですみません!

 

 

f:id:turikichijob:20170111202945p:plain