読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【とっておき釣行編】  2017・1・8(日)  去年の鮭釣り釣行から!!



【スポンサードリンク】




 

  おはようございます、モンユウです。

 

 

 

今日は、去年の鮭釣り釣行での一コマを!

 

 

 

 

 

鮭釣り思い出・・・無理やり回顧・・・反省を含めて

 

 

釣行は  10  月 11  日 

 

場所・・・オホーツクT漁港外海テトラ上

 

 

紋別を出発したのが  朝の4時20分  釣り仲と待ち合わせ釣友の車1台で出発。

 

 

予定通り 1時間半ぐらいで到着

 

 

しかし到着して感じ取ったのは 強風!!

 

 

既に別の釣友が釣を開始している・・・車から釣り場まで歩いて15分はかかる、それも 竿、タモ、重たいクーラーを担いで・・・目的の場所に着くまでに体力消耗。

 

釣り仲まだ若いので歩くの速い!!私はついて行けないのでマイペースで!

途中やはり風が強いので タモに風があたり、進行を阻む、時には風がおさまるのを待って歩き続ける。

 

 やっとの事、釣り仲が見える所まで、今日はこの釣り場釣人が少ない!

 

沖では、釣り舟やボートが釣をしているのが良く見える!!

 

多分と言うより確実に釣れているようだった。

 

 

歩いて行くと其の一番端に釣友がいた。

 

旭川のO氏も参戦していた。

 

其のO氏既に鮭1本釣れていた。(まだあまり釣れていないと言う話であった!!)

 

 

確かに、ボートなどでは釣れているのが確認できたが、テトラからは遠投むなしく届かない位置である。(風が強い事も影響していて糸ふけが大変だ!!)

 

ボートの周りでは鮭の跳ねやもじりが頻繁にある。

 

無理やり遠投を試みても其の群れ近くまでは投げられるのだけれども、もう少し・・・。

当然群れの手前に投げる訳だから、鮭はさらに沖の方に移動する、余計に遠ざけてしまっているようだ。

 

ここは諦めて、隣の漁港に行ってみようかと言う事になって2人で隣の漁港に!!

 

 

いざ行ってみると、その漁港では全く釣れていないようだ、暫く偵察していたがコレマタだめという事でどこか探そうかと言う事になり移動開始!!

 

 

 

移動途中・・・T漁港で粘っている釣友に電話をした所・・・

『鮭の群れが岸寄りしてきたよ!!』

 

これは大変、急遽T漁港に戻る事に・・・。

 

慌てて用意をして急いで釣り場まで、まだ風はあるものの何かしらの予感を感じ取り・・・。

 

『あたり!!』

 

グッドタイミングでの到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮭の回遊が先ほどとは全く変わりすぐ目の前ではねやもじりが!!

 

これは釣れる・・・。

 

 

セット完了・・・。

 

 

1投目・・・・・ヒット・・・嬉しいですがオスです!

 

 

2投目・・・・・ヒット・・・オスです。

 

 

   その後もオスが続きます。

 

f:id:turikichijob:20161011105354j:plain

f:id:turikichijob:20161011105333j:plain

 

最終的にはメスは釣れましたが、雌2本のみ!圧倒的にオス!

合計は X匹・・・ヒット数は2桁です

 

テトラの上での鮭釣りは非常に疲れます。

 

テトラでの鮭タモ入れは、危険を含んでいるので

 

私には強い味方がいるのです・・・。

 

鮭釣りには欠かせない釣り仲の DAISUKE君 

 

いつもタモ入れしてもらっています、感謝しています。

 

今年は、タモ入れのお返しをするように努力しま~~~~す!!

 

 

この強風の中鮭が釣れた事に対して・・・移動の仕方を間違えると言う事より判断ミスが釣果を左右するこの事実を再確認した。

 

 

 

この日、釣りをしている最中に・・・ヒット最中ですよ・・・

なんと こむら返り発症 釣り困難状態に。

 

少し休んで、様子を見ていたがいっこうに回復せずあえなく納竿。

『痛いのなんのって!!』

 

テトラでの釣りはキツイですね、こむら返り私にとってはつきものですよ!!

 

 

2時位には終了帰宅の途につきました。

 

 

釣友も釣れたし、この日の釣果は『良し!!』としておきましょう。

 

今年は、用意万端同じミスをしないように!!