読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【紋別港偵察】 2017・1・7(土)  チカ釣り偵察 【タックル竿・リール紹介】 使っていないものの使い道!!



【スポンサードリンク】




 

  おはようございます、モンユウです。

 

 

朝の仕事を終え紋別港偵察に行ってきました。

 

今日は、私の独断と偏見で今まで使いこなしていなかったタックルの使用法を考えてみます。

 

 

 

 

紋別港チカ釣り情報

 

 

今日は未だ風も無く、穏やかそうではありますが気温の方はいたって低い感じがします。

 

それでも、内陸の方のマイナス25℃までになる事はほとんどありません。皆さん流氷が来ると氷と雪に囲まれて相当寒くなると感じているかもしれませんが~~マイナス20℃以下になる事も稀に有りますが過去に数回ですよ~~。

 

 

さて紋別港第2埠頭では、釣り人殆ど地方からの釣り人で7~8人。

 

暫く見ていたのですが釣れている様子はありません。

 

残念ですが・・・。

 

 

 

f:id:turikichijob:20170107094312j:plain

 

 

一見海は穏やかそうに見えますが、外海は大時化です。

 

 

 

f:id:turikichijob:20170107094414j:plain

 

 

紋別港外海です、白く見えるのは流氷とか氷でもありません・・近くで見る事はできませんが、多分 『波の花』

 

 

f:id:turikichijob:20170107094223j:plain

 

沖堤先端はうねりがひどいようです。

 

f:id:turikichijob:20170107094350j:plain

 

外海のうねりが、港内(第1と第2の間)にまで来ています。いつもならおとなしく淀んでいるくらいの港内ですが・・・すごい潮の流れです。

 

f:id:turikichijob:20170107095226j:plain

 

紋別港の漁船はすべて上架されています。流氷が来て、それが無くなる頃3月末~4月上旬まで漁船の姿を港内で見る事はありません。

海明け初日は、大漁旗を揚げて出航・出漁となります。

海、港、漁師、紋別市民、紋別市・・・などなどが元気を貰います。

 

 

それまで、お休みです。

 

 

f:id:turikichijob:20170107095255j:plain

 

 

 

使いこなせていないタックルの利用法

 

 

鮭釣り用にと買った竿、並びにリールなんですが・・・

 

鮭釣りには不向きと自己判断の上全く使っていません。

 

もったいない精神で、少し再使用を考えてみます。

 

先ず竿は・・・

 

KEISON/ 銀聖・11フィート・ルアーマックス  60g

 

竿重量も良いのですが、鮭釣りには・・・と言うより私の釣法には不向きなんでしょうね。と言うのも、釣れた鮭を自分でタモ入れする際竿の腰が少しないような気がします。鮭数匹釣っただけで、鮭戦線脱落してしまいました。

f:id:turikichijob:20170107100457j:plain

 

 

陽の目を見る事なく、物品庫でしたが、この際鮭では無くカラフト様に使ってみようかと思い、また戦線復帰させようと思います。

f:id:turikichijob:20170107100518j:plain

 

 

さらに、このリールはツインパワーMG    c3000

 

新発売の時にMG(マグネシウム)素材のこのリールの軽量さにほれ込んで衝動買いしていまいました。しかし、鮭釣りには3000番では少し非力!!

確かに軽くて使いやすいのですが・・・。

 

このリールを持ってみるとすぐに軽さが分かります!

きっとびっくりしますよ!!

 

 

f:id:turikichijob:20170107100556j:plain

f:id:turikichijob:20170107100624j:plain

 

 

そこで、考えたのが 今まで考えなかったこの組み合わせで、カラフトマスを釣ってやろうじゃないかと言う算段!

 

どうなるか分かりませんが、全体的に軽くなるのは確かでしょう、魚の大きさでも鮭の重さの50%~70%でしょうから竿の力量としては十分でしょう。

 

今年のカラフトマス釣りは・・・これで行って見よう!!

 

 

f:id:turikichijob:20170107100657j:plain