オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

MENU

【流氷接近中・過去の流氷動画】【紋別港偵察】 2017・1・5(木) 紋別港偵察 ・【釣り具紹介】鮭釣り用ウキ『こんなのあるの?』



スポンサードリンク




  

 

おはようございます、モンユウです。

 

 

今日の朝は多少しばれています、雪も少し積もりましたが15分程度の雪かきで終了。

 

 

 

 

紋別港チカ釣り偵察

 

・・・・・・ですが、紋別港に釣人一人もいません。

 

 

ご覧の通り巡視船『そらち』が静かに停泊しているだけです。

 

 

f:id:turikichijob:20170105100204j:plain

 

 

まだ雪がときどき降るので、紋別の流氷タワーがかすんで見えます。

 

f:id:turikichijob:20170105100221j:plain

 

 

 

 

さて、この停泊中の巡視船『そらち』が昨日紋別の沖合100km付近で流氷を確認したとニュースで放送していましたが、いよいよ流氷も来る時期になりましたか!!

 

今日は、小寒・・・寒さも益々増して来る時期

 

こんな流氷がやってきます!!

 

 

 

過去の動画から・・・流氷

 

 

 


 


 

 

 

 

このような、流氷(氷の塊)が来る訳ですから、当然今までいた魚もいなくなる訳ですよ!!

 

でも、この流氷が来なければだめなんですよ・・・『なぜ!!』って言いますと、

 

この流氷は、はるかロシアのアムール川の氷が流れ流れてオホーツク海にまでやって来る訳です、ですがただ流れて来ると言う事では無くて、大切な役目を持っています。

 

それは、流氷の下には、無数のプランクトンが生息していて、其のプランクトンをえさにしている魚介類を育てていると言っても過言ではないと思います。

あとは食物連鎖の関係でなにが生き残るか・・・。

 

その年の、漁獲量にも影響してくる訳です・・・ですから流氷も中途半端じゃなくてしっかりと接岸出来た年の方がいいと思います。

 

こんな流氷がもうすぐやってきますよ・・・。

 

 

今年の動画は近々・・・お楽しみに!!

 

 

 

 

 

釣道具紹介

 

 

鮭釣り用に使うフカセ釣り用ウキです。(10㎝以下です。おもり1.5号)

 

f:id:turikichijob:20170105100139j:plain

こんな短小ウキを使った事はありますか?

 

玉ウキを使っている釣人はいると思いますが、それとは少し用途が違います。

 

 

このウキは、港内の多少深いところで波の影響を受けない所で使用します。

 

とくにタナを3m以上にして釣る時には有効です。

 

鮭は、中層の餌あるいは浮いている餌しか口にしないと思っていませんでしょうか?

 

ところが鮭は、・・・過去に鮭の胃袋から磯かにが出てきた事があります。

 

カニを餌にしているとなると、当然鮭は海底ぎりぎりの餌も捕食していると言う事になります。

 

鮭が深タナで釣れるといのも納得できます、しかしこの場合、鮭は特異な餌の喰い方をします、鮭のあたり?と思えるほど小さなあたりをします。

 

ウキも水面下に沈まない時があります、ですから合わせ時が重要なポイントになります。

したがって、ウキの長さを短くし軽くする事によって微妙な鮭のあたりをとるように考えたものです。

正解かどうかは分かりませんが、これで釣れていますから間違いではないと思います。