オホーツク鮭釣り特急情報

北海道の紋別市近辺や遠征での釣り情報をメインに徒然なることを書いてます。釣り歴60年!!

【紋別港釣り情報】 12・14(水)紋別港チカ釣り、その他 【鮭釣り今年のいい訳!!】



【スポンサードリンク】




 

 こんにちは、モンユウです。

 

 

朝8時過ぎに紋別港偵察に行ってきました。

 

釣人は少なく、5人位・・・。

 

強くはないですが昨日から雪が降っていて、まだ続いています。

そんな訳で地方からの釣り人は敬遠したものと思います。

 

 

 

 

 

 

紋別港チカ釣り

 

 

紋別港第1埠頭・・・釣り人は3人(地元の釣り仲さん)

集まって釣り談義をしているのでしょうか?それとも今日はどうしようか?の

お話でしょうか。

 釣り竿は、出さずにいます。

流石に地元の釣り人が竿を出さないと言う事は釣れていないのかも知れませんね!!

 

 

 

紋別港第2埠頭・・・

 

釣人4~5人

 

多少釣れているようなんですが、実際に釣っている釣人が少ないので判断できません。

 

たまたま、釣り仲がいたので少しお話を・・・。

 

『せっかく釣ったチカを少し目を離している間に居つきのカモメにチカとられたと言っていました。』

このカモメ、先日も紹介しましたが片足がありません、そこで普段釣人が餌を与えているので釣り場から離れません。それだけなら問題ないのですが、少しでも目を離した隙にチカを取られる事があります。

この下の写真のカモメです。決してカモメを非難している訳ではありません、取られる事実があると言うだけでさほど気にもなりません。

 

 

皆さんもこのカモメを見かけて近づいてきた時は少し餌を分けてあげて下さい、・・・

今年の冬場を越す事が出来ます事やら?

 

f:id:turikichijob:20161214122752j:plain

 

 

 

今日のチカ釣り人はこんなもんです。

 

巡視船近くの釣り人が釣っているところを確認できました。

 

f:id:turikichijob:20161214122719j:plain

 

 

写真では、雪も静止しているのでそれほどでもないように感じるかも知れませんが、結構降ってます。

 

それプラス冷たい風・・・。

 

顔を真っ赤にして釣っていましたよ。

 

 

f:id:turikichijob:20161214122850j:plain

 

f:id:turikichijob:20161214122921j:plain

 

 

 

 

紋別港ニシン釣り

 

 

紋別港のニシン釣り場ベストポイントなんですが釣人が一人もいません。

 

 

毎度毎度の釣り仲T氏がいません・・・・釣れていないとの有力判断材料の一つです。

 

昨日も電話で話をしたのですが、釣れたの『つ』も出てきませんでした。

 

それにしても、ものすごい雪の降り方です。

 

それでも、意外に本州の雪質に似ています。・・・これは気温の高い時の雪です。

 

夕方になると雪が小さくなってきて気温がさがって来るのが分かります。

 

 

f:id:turikichijob:20161214123000j:plain

 

 

その他雑話

 

我が家のご近所の屋根の雪およびつららです。

 

 

このつららは、北海道にしては小さいです。

時には2m以上の長さのつららになる事もあります。・・・

 

これが、命にかかわる事故につながる事がありますので、軒下を歩く時は上を見ながらそれも足早に通り過ぎなくてはいけません。

 

(上ばかり見て歩くと、足元の氷で滑って転ぶこともあるのでこちらの方も要注意です。)

 

f:id:turikichijob:20161214123023j:plain

 

 

 

さて、今年の鮭釣りについて・・・のいい訳!!

 

 

今年は例年の20%~30%の 釣果でした。

 

なぜこれほど少なかったのか・・・

①8月の台風による大雨…鮭の回帰が変わった。

②9月遠征において 日曜日の天候が悪く釣にならなかった。

③遠征の際に使った、ラインの選択を間違えてラインブレイクで手間取った。

④9月第1週ではそれなりの釣果はあったので、その後にまだ釣れると自負・・・余裕でそう考えていたのが間違いの元。

⑤地元近辺の釣り場への鮭回帰率が極端に低下していた。

⑥もう少し、遠征に目を向けていたら良い釣果を上げる事が出来たはずだと思います。

 

・・・まだいろいろの要因があろうと思います。

 

まだこれから・・・なんて甘い認識がこの様な貧果を招いたのでしょうね!!

 

 

それにしても、回帰が少なかったのが一番の原因でしょう。

 

 

来年はやりますよ!!

今年の失敗を糧にして、早めの対応策を取るように・・・。